モハーの断崖とバレンの間に小説更新のお知らせ
b0206901_23262861.jpg 彼岸入りして、すっかり秋ですね。大好物の二十世紀梨、今年も送られてきたのを大切に食べています。味覚の秋。読書の秋。

 というわけで、恒例のお知らせタイム。小説サイト【 gosuiro.fg (リンクはコチラ) 】へ、短編小説を2作品UPいたしました。タイトルは『Afternoon Shower』と『ドレスアップ』です。ご興味おもちになった方は、リンクからどうぞ!

 『Afternoon Shower』は男女混合な友人たちの夕立的なお話……名残惜しい夏の話です。『ドレスアップ』はポップな怪奇系。こういうの好きなんです誰か書いて! っていう気持ちを込めて(笑)。

 読書の秋と書きましたが、個人的には珍しく映画の秋です。この間、やっと映画『銀魂』を観てきました。すっごい脚本がんばられたと感動しました(そこかよ)。……私は桂推しなので、こんな格好良い桂最高かよ!という反面、いや原作の桂は以下略でもあんぽんたんな子ほどかわいいやつあるじゃない以下略みたいな気分にも(苦笑)。

 写真は、モハーの断崖の反対側。観光ガイドブック等に載っている有名なほうの、反対の風景はこんな感じなんだぞっていうお写真でございます。すごく遠くにオブライアン塔が見えている気がする。そしてそろそろ崖から離れたい(旅行に行った弟が崖好きだから仕方ないけど笑。城などはこれからたくさん紹介します!)。

 ★★名嘉あいかの小説『ラ・エティカの手紙』(大洋図書/BLの日本語版)、各書店やアマゾン等にて発売中です。重ねて、韓国版(나카 아이카)も配信がはじまりました!
 ☆☆ 『ラ・エティカの手紙』特集ページは◇コチラ◇です!

[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
# by gosuiro | 2017-09-21 23:29 | 小説作品更新情報 | Comments(0)
モハーの断崖&バレン国立公園+ゴールウェイ2-1★西と北のアイルランド紀行Ⅱ
b0206901_2335234.jpg 城や遺跡、自然がたくさん残るアイルランド西部と北部の旅。前回は古代ケルト文化が残るアラン諸島(詳しくはコチラ)、今回はアラン諸島から本島に上がったそばのスポット。モハーの断崖とバレン国立公園についてです(どちらもマンスター州)。

 写真1枚目、モハーの断崖。自然がつくった長い断崖絶壁です。場所はアラン諸島へのフェリーが発着する、港町ドゥーラン(ドゥーリンとも。スペルは「Doolin」)から徒歩で数キロ。モハーの断崖のランドマーク、写真2枚目のオブライアン塔まで延々遊歩道があり、とても観光しやすく大西洋が一望できます。

 ただ、距離があるので徒歩で行くには注意(レンタサイクルも有)。そして、安全防止策もないため強風が吹くときはさらに注意。しかも夏でも涼しく冬はもう極寒です(苦笑)。
b0206901_2335960.jpg オブライアン塔は、モハーの断崖の一番高い、果てみたいなところにあり、天気が良いときはアラン諸島などがよく見えます(弟が行った日は写真の通り、天気がよくなかった……というか、アイルランドは基本雨の国)。

 次に、バレン国立公園。写真3枚目はバレン内で最も有名な巨人のテーブルです。石灰岩の荒涼とした見事なカルスト台地が広がってます。アイルランド内で最も不毛な高原ですが、巨人のテーブルのような紀元前の墓石がごろごろあり、古代から人がうろうろしていたとうかがい知れます。

 この土地も散策がメインですが、モハーの断崖よりも歩きます。ドゥーランからは徒歩どころか自転車でも厳しい(30キロはある)ので、タクシー利用かもうレンタカーを使うしかない。ドゥーランからこの地に行き着くまでもわりと不毛です(笑)。

 さて、ダブリンから、モハーの断崖とバレン国立公園の基点ドゥーランへの道程について。
b0206901_23351761.jpg アラン諸島と同じく、ダブリンからまずゴールウェイ(Galway)というアイルランド西部の大きな街を中継します(バスも鉄道もあり、所要時間は2時間半~3時間半)。ゴールウェイからはドゥーラン往復のバスが出ている他、オプショナルツアーも多いみたいです(ダブリン発日帰りツアーも使えそう)。

 また、アラン諸島をメインにしてついでに行かれる場合は、フェリーでイニシィア島からドゥーランの港に着いて、徒歩&レンタサイクルでするっと観光するのが合理的です。

 たとえば、ゴールウェイ(Galway)からバス→ロッサヴィール港からフェリー→アラン諸島で宿泊→フェリーでドゥーラン港に着いてモハーの断崖一帯を観光→バスで3時間近くかけてゴールウェイに戻るか、弟のようにアラン諸島観光後ゴールウェイに一反戻って翌日観光するとか(夏は21時くらいまで明るいし。ただ問題はバスの時刻。夏は便数も多いようですが確認は必須です)。

b0206901_2343304.jpg ★アイルランドの主要バスのリンク
 Bus Éireann⇒ http://www.buseireann.ie/ 
 Dublin Bus⇒ http://www.dublinbus.ie/

 ちなみに、西部の中心都市ゴールウェイも中世にリンチ家によって繁栄し、街はダブリンの次に観光客が訪れるといわれるほど(ゴールウェイ州)。昔の赴きを残した雰囲気が良い街なので、パブなどに立ち寄るのがいいと思います。

 弟はフィッシュ&チップスが食べたくて、ゴールウェイにあるフィッシュ&チップス専門店に行きました。それが、写真4枚目のマグドーノズ。フィッシュはいろんな種類が用意され、気軽に味わうことができます。けっこうな量だったみたいですが、食べられないことはなかったとのこと。味は、まんま「フィッシュ&チップス」だったようです(笑)。

 ★マグドーノズ(McDonaghs)/月~土12pm - 11pm(日曜休)
 住所⇒ 22 Quay Street, Galway, Ireland.
 公式サイト⇒ http://www.mcdonaghs.net/

 次回は、モハーの断崖とバレン国立公園+ちょっとだけゴールウェイ写真集です。
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
# by gosuiro | 2017-09-11 23:41 | 海外旅行のお話(弟編) | Comments(0)