イタリアの柿と、小説の更新のお話(GOSUiRO 10.04UP)
b0206901_10303979.jpg 写真のカキ話の前に早速ですが、小説を更新しました。

 10月4日名義で、小説「編め宿り」をUPしました。高校生の姉妹の話ですが、少し不思議な話かもしれません。雨の日を予知できる姉をもつ妹さんが主人公です。

 こちらから、読むことができます→ 「編め宿り」を読む ケータイで読む場合はこちらをクリックです。

 他にも、小説は5作品ほどUPしています。すべて上記のリンクと、右記の「GOSUiRO」リンクから読むことができます。お気軽にご覧ください。ほんのり楽しんでいただければ幸いです。

 また、小説などの感想は、メインサイトからでも当ブログからでも大歓迎です。サイト・ブログともども、拍手をくださる皆様には大変感謝しております。

 そして、写真の話になりますが…イタリアも柿の季節となりました。イタリアでも柿は愛されております。ローマのスーパーで柿と栗を見つけると、秋がきたわ~と心から思うものです。あとキノコの種類も豊富になっていきます。

 この柿。昨夜うちのマミー、マリナが郊外のご兄弟の家から持ってきた際に訊かれた一言。

 「この食べ物知ってる? 」

 私は即答しました。

 「それ、日本から来てるんだよ。カキは日本語読みだから」

 マリナ超びっくり(笑)。「え、本当! 知らなかった!! 」と、ものすごい驚いておりました。確かに、カキって、発音はすごくイタリア的なんですよね……柿が日本から(なのか中国かは知りませんが)来ていると知っているイタリア人って少ないんでしょうね。

 イタリアでも、甘柿・渋柿はあるようで、渋柿は干したりもするようですが、そのまま放置して甘くぐずぐずに溶けたのをいただくようです。私は、そのぐずぐずに溶けた柿をいただきました。おいしかったです。

 マリナいわく、ぐずぐずに溶けた柿を容器につめて蓋して冷凍庫に突っ込んで、ジェラートになったところを食べるとものすっごくおいしいそう。確かにそれは、おいしそう。日本で広めて! といわれたので、ここに書き留めておきます。ふふ。


(写真は、疑いようもない柿でございます。少し寒いくらいの秋日和が続くローマです。)
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2010-10-04 10:33 | 小説作品更新情報 | Comments(0)


<< 夢のシチリア一周旅行 チンクエテッレ(Cinquet... >>