ローマから、作品UP情報です
b0206901_1032860.jpg シチリア話も終え、ローマはすっかり秋というより冬気分。おうちでのんびり小説更新のお知らせです(写真のお話はそのすぐ後で! )。

 11月03日名義で、手のひら小説【秘密のインセット】をUPしました。これは某webの投稿怪談に出すためにつくったお話です。〆切日を過ぎてしまって出せず、ここでサルベージします……怪談というより、童話的でファンシーなお話です。お題は「虫」で、1200字設定でした。怖くない話なので、お気軽にご覧ください。

 こちらから、読むことができます→ 【秘密のインセット】を読む ケータイへは、ケータイサイトはこちらをクリックです。

 その他、色々小説公開中。ジャンルもさまざま。すべて上記のリンクと、右記の「GOSUiRO」リンクからご閲覧可能です。また、メインサイトにおきましては、拍手クリック欄『CLAPS』に、お礼用小説もご用意しております。お気軽にご覧くださいませ。

 小説やブログのご意見・ご感想は、当ブログおよびメインサイトの拍手欄等より投稿可能です。お待ちしております。

 いつも、サイト・ブログ双方、拍手をくださいます方々! 本ッ当にありがとうございます。今のところローマに住む私にとって、小説を公開できる手法がネットしかないので(日本にいれば、コミケとかありますが……)、毎日表面下でどうすべきか試行錯誤しています。その中で、本当に励みになります。その優しさに、心から厚くお礼を申し上げます。

 さて、写真のお話をしましょう。こちらの写真は、シチリアから帰ってきた夜の、マリナ作のご飯です。深夜3時前のお夜食でした。

 このシチリアから帰ってきた日、同行者が原因不明の熱で倒れまして……必死の思いでシラクーサを脱出、空港のあるカターニアまで「もうたどり着かないかも」と思いながら気合で向かったんです。はじめての場所なので、かなり大変でしたが、なんとか空港に到着して……飛行機、ね。

 飛行機の便が大幅に遅れて、ローマに帰ってこれたのは日付が変わる寸前でした。さらに、ローマの空港からローマ中心部まで電車やバスで30分以上はかかります。鉄道は終電が終わり、深夜バスを待たなければならないことに……観光客向けの客引きをかきわけ、カフェで待機して、その後しんどそうな同行者を心配しつつ、バスでローマの中心駅へ、そして市バスで帰宅しました。

 泥のように疲れていました。そのまま風呂もはいらず寝ようと思ったら、このご飯をキッチンで見つけたのです。マリナが私のために用意してくれていたんですね……しかも彼女、風邪引いてこじらせていたのにわざわざ私のご飯つくってくれていたんですよ。ちなみに、私とマリナは借り手と家主の関係ですが、食事は別です。ホームステイではないので、食事代はだしておらず自炊なんですね。だから、ご飯を用意してくれたのは、純粋にマリナの好意。

 そこまでしてくれる必要ないのに……むしろあなた風邪引いて大変なのに、こんなお夜食つくってくれて、と、お人よしのマリナのやさしさに泣けて、深夜だけど少し味見だけしてみようと、食べてみました。その味。

 食べた瞬間、ここは日本かと思いました。しょうゆ風味の、おじやだったんですよ。味が完全に日本でした。和食の風味が身に染みて本気で泣いたよマリナ。これは反則技! 結局、ちょっとのつもりが、ものすごい勢いで食べてしまいました。すごくおいしかった。弱った心に、本当に身に染みました。

 後日、風邪から回復したマリナとようやく会話できたときに、おじやを絶賛して何を使ったのか聞きました。中身は、米、カラブリア産(南イタリア)のお豆ピッセーリとか言ってたはず。それと野菜、セイタン(という肉の代わりをした大豆加工食品)のしょうゆ煮付けをまぜたもの……だったそうです。

 しかも、深夜の1時半まで私の帰宅を待っていたって……私連絡をいれなかったことを激しく後悔しました。マリナは逆に、同行者が絶不調だったのに自分が風邪で迎えに行けなくてゴメンねと返して、ゴメンネ大会を開催してしまいました。どちらにせよ、マリナの愛情に私は甘えているのだな。いつもありがとうマリナ。

 そんなわけで、シチリア旅行はお袋の味でおいしくやさしく締まったのでありました。こういうときに、マリナは本当に、生まれる国を間違えたと思うんです。そして……私の心を、これ以上鷲掴んじゃダメよマリナ。そして忙しくしているけれど、本当に体調には気をつけてね。
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2010-11-03 10:08 | 小説作品更新情報 | Comments(0)


<< 欧州的、脱帽なパッケージセンス... シチリア周遊、がっつり「食・生... >>