ローマの歴史的建築物と、小説更新のお知らせ
b0206901_854275.jpg 最近、日曜日恒例になってきている小説更新のお知らせです。もっとアグレッシブに更新をしていきたいと思っております……。

 12月02日名義で、小説【 ハルシオンデイズ 】をUPしています。今までUPしてきた中で、一番登場人数が多いのではないかという、冬の小春日和的なお話です。ライトノベルにも少し似た感じでしょうか。楽しんで読んでいただけると幸いです。

 こちらから、読むことができます→ 【 ハルシオンデイズ 】を読む 携帯電話からの閲覧は、ケータイサイトはこちらをクリックです。

 他に10以上の小説を公開中です。ジャンルにこだわりはありません。上記と右記の「午睡露」リンクからご閲覧可能です。午睡露メインサイトにおきましては、拍手クリック欄『CLAPS』に、お礼用小説も用意しています。

 また、怪談専門誌『幽』公式サイトさまの「読者怪談投稿」コーナーへ、作品を投稿しております! ふじさきあいか名義で、タイトルは『水遊び』です。こちらも、ぜひぜひご閲覧くださいませ。 リンクはこちらです→ WEB 幽

 また、小説やブログのご意見・ご感想は、当ブログおよびメインサイトの拍手欄等より、ご自由にご活用ください。そして、毎度ながらブログ等で、拍手のご支援をしていただき深く感謝しております。最近のんびり更新が続いているので、もう少しパキパキ更新しよう気持ちを改めたいと思っております。


 さて、今回の写真は……日常のローマの風景です。歴史ある建築物の一幕。

 ローマの中心部を少し離れると、こうした城壁に出会うことがあります。現存していない場合もありますが、昔はこんな感じでローマ市内一帯に張り巡らされていたようです。こちらは、近所に現存している城壁。保存することを前提に車道もつくられています。

 この城壁の内部は、ローマ市内でも一等の中心部にあたります。世界でも有名な重要建築物の数々は、その大部分がこの城壁の内側に存在しているのです。ローマ市の中央駅であるテルミニ駅から、スペイン広場、パンテオン、コロッセオ、トレヴィの泉、カラッカラ浴場、その他もろもろの有名な観光スポットは、大体張り巡らされた城壁の内部にあります。

 一方、外側は新市街にあたるのでしょうか。大学や住宅街が多いです。ちなみに私も普段は、城壁の外の地域で生活しています。中心部は観光客がものすごく多いので、あまり行くことはありません……。特に観光シーズンは、東京の新宿や渋谷並みの人であふれるんです。さすが、世界でもトップクラスの観光都市ローマ。

 イタリアでは、街(町)の中心部を大方、チェントロ・ストーリコ【 Centro storico 】 といいます。日本語に訳すと【歴史的中心部】になる……かも。歴史深いものが多いイタリアらしい呼び方だと思います。私も、イタリアに住んだ頃は、何を意味しているのかサッパリでしたが、今はとても馴染んでいます。

 ちなみに、この写真の近くには、ものすごい美味しいジェラート屋があるんです(笑)。ジェラート特集は近々する予定なので、お楽しみに!(あまり日本の観光パンフレットに載っていないもの厳選でするつもりであります。うふふ)。
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2010-12-05 08:14 | 小説作品更新情報 | Comments(0)


<< ワインの秘密話と小説のお話 夜が似合うローマのミュージアム... >>