ローマで一番おいしいチョコレート屋といえば! SAIDよね!
b0206901_12322215.jpg 今まで散々ローマのおいしいジャラートやお店を紹介するとかなんとか言いながら機会をすっかり逃していましたが……バレンタインネタに便乗して、ご紹介です。

 一発目から、あまり人に教えたくないくらいのローマの隠れた名店です。ローマに住んでいるグルメな人ならば、一度は耳にしたことがあるかもしれないチョコレート屋(+カフェッテリア)がこちらになります。

 SAID(サイード)というお店です。……というか、今調べたらここ、2月12日放送の『世界!弾丸トラベラー』バレンタイン弾丸旅行の中で、紹介されていたんですね! あらびっくり。日本のテレビで紹介されていたとは、これまたすごいタイミングですね。数日前に、隠れた名店じゃなくなったのか(笑)。

 ローマに住んで、家主マリナがこの店の情報を仕入れてからというもの、SAIDによく通っています。バレンタインの日も、SAIDまで普通にチョコ買いに行っていました……(『世界!弾丸トラベラー』番組リンクは、コチラから。テレビで紹介されていたらしい回は、佐藤かよさんの「ローマで最高のバレンタインチョコを作って告白したい」です)。

b0206901_1235889.jpg しかも、この番組でローマっ娘100人の人気チョコ 第1位で紹介されているとは! どこから仕入れた情報なんだろう(笑)。でも確かに、それはあながち間違ってはいません。実際バレンタインの夜に行ってきましたが、カフェの部分は満員御礼でした。チョコがおいしいのは事実です。

 それ以上に、特筆すべきは、このインテリア。コーディネートが最高にセンス良いんです! ゴテゴテ感はあるのに、すごく見栄えとは、センスがものすごく良くないとできませんね……私が日本でカフェを経営するとしたら、この店を目指しそうです。

 さて、詳しく紹介です。行き方の説明は最後にまわして、店内は一枚目の写真にある感じです。チョコ屋とカフェが併設されていて、こちらはチョコ屋さんの部分。ずらーっとチョコが並んでいます。いろんな種類がありますが、スタンダードな板チョコもおいしい! 

 二枚目の写真は、その板チョコ。ミント風味、ペペロンチーノ風味、しょうが風味などいろいろあります。100gで3ユーロくらいですから、お土産には抜群です。他タイプのチョコは少し高めかも知れません。個人的にはコーヒー豆っぽいチョコが好きでした。ここで前お茶したときに、カプチーノかなにかのお茶受けとして出されました。すごく美味しかったです。

b0206901_12424692.jpg 三枚目も(少しぶれていますが)、チョコのコーナーです。ガラスケースやアンティーク家具が使われ、引き出しにもチョコが詰まっています。実際は、チョコだけではなくSAIDデザインのバッグやお茶なども売られています。見ているだけでも飽きない店内です。

 三枚目写真の左奥から先からカフェエリアとなります。去年の夏に改装して、さらにテーブル席が増えた気がしますが、マリナちゃんは前のほうが素朴でよかったと嘆いていました(苦笑)。それでも、良い雰囲気なのには変わりがありません。すごくお洒落なんですよね……私から見れば、ローマでトップクラスのお洒落さ、いや、一番です。一番好みです。

 イタリアは、飲食といえば基本がbarという、エスプレッソやパニーニなどを出す軽食屋ばかりです。そして大概、ちょっと野暮ったい感じのところが多いのです。そして、ローマで紅茶を専門にしたカフェッテリア系のお店は多くありません。

そして、あっても隠れ家のように点在しているのがローマのカフェ。SAIDも立地が有名スポットとは完全に外れた大学地区にあり、行き方が少し難しいからか、外国人観光客をほとんど見たことがありません。地元の人ばかりです。その多くはバイクや車で訪れています。

b0206901_1364679.jpg 四枚目は、併設カフェの部分です。北欧か北イタリアかフランスかキルケニーのカフェか! というくらいセンスに脱帽。いつ見ても、ローマとは思えない(ローマにこういうの求めていませんが)。

 こちらでは、昼ビュッフェもあります(2010年秋まで確実にあった)。またリストランテと同じように、普通の食事もできますが、料理の金額がけっこう高いのです。私は、軽く食事をオーダーして、メインをチョコプレートを頼むという方法にしていました。

 10ユーロのチョコプレートは、店内のチョコ6種類分好きなものを店員さんが取り分けてくださいます。二人でいけば、20ユーロで12種類食べられるわけです。ちなみに、それを過去マリナと一緒にしました(今はどうなっているか謎です。チョコもビュッフェになっているのかな。ビュッフェは日本と違い、基本一皿一回分かぎりです)。

 チョコプレートの中身は、マリナに全部決めてもらいましたが……彼女は大興奮のまま指と口の周りをチョコまみれにして食べていました。60歳こえて子どもとかわらんし! と、突っ込みをいれたかったくらいでしたが(笑)、イタリアの人ってこういうかわいさがあるんですよね。甘いものに向き合う、笑顔のイタリア人ほどほっこりするものはないと思う今日この頃です。

b0206901_13461891.jpg 併設のカフェは12時半からはじまって23時くらいまで開いていますが(日曜休)、夜は毎日ものすごく混んでいるので、行くならば18時までにチョコを食べに行くのが一番いいのではないかと思います。ちなみに、店員さんが英語使えるかは知りません! お客さんも、イタリア語使う人しか見たことないから、……どうでしょう。行く価値はすごくあると思いますが、難しいのかな。店舗のほうは、朝10時半くらいから開いているようです。

 実際、私がバレンタイングッズとして購入したものが、六枚目の写真です。ガラスの瓶に詰まっているチョコが4ユーロ、一番手前にあるのはヒマラヤ塩を使った限定板チョコで2.5ユーロとかだったはず。思ったより高くないのです。そしておいしいと思います。

 イタリアで、チョコといえばトリノとシチリア島のモディカのほうが有名ですが、なかなか現地には足を運べないので……チョコの町ではないですが、ローマも美味しいチョコは探せばあるんだよ、ということで。ちなみに日本ならば、ロイズのクリオロチョコビターが一番おいしいと思っている私です。あれ、本当にウイスキーとあうんですよねー。おすすめします。そして生チョコに興味がまったくない私。クリオロビターが恋しい(ちなみに、コレです)。

b0206901_1353096.jpg 最後に、SAIDの行き方ですが……テルミニ駅(ローマ中央駅)から徒歩で15分くらい行けば着きますが、少し物騒なのと難しすぎるところがあるので、地下鉄B線のポリクリニコ(Policlinico)からトラステヴェレ方面行きのトラム19番かバス3番を使って、サンロレンツォ(San Lorenzo)停留所まで向かったほうがいいかもしれません。

 そこから警察のある道を真っ直ぐ進めば、頭上にSAIDの旗のようなマロン色の看板があり、その角を右に曲がった行き止まりがSAIDです。ラスト写真の通り、路地の中の奥にあるのです。完全に隠れ家なんですよね……。そして説明しずらいところなので、適当な道案内で申し訳ないです。

 いっそタクシーで行くのが一番なのではないかと思うくらいですが、帰りのタクシーがつかまらないかもしれない。そして店員に英語通じるかすら謎ということで、かなりレベルの高い場所ですが……旅行はそういうのが醍醐味だということで! ローマを旅行される際はおすすめします。日本のテレビにでたくらいですし。しかし驚いたものです。後でマリナに話そうっと。

 下記は、住所およびホームページです(リンクから飛べます)。
 ◎『SAID』 Via Tiburtina 135 ROMA *  www.said.it
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2011-02-17 14:18 | 国内外の美味な食事処 | Comments(0)


<< イタリアのGOODインテリア小... Buon S. Valentino! >>