沖縄・伊是名島話と、拍手クリック後のプレゼント更新!
b0206901_0112819.jpg 本日は、沖縄で慰霊の日(沖縄戦終結日)ということで……最初の写真は沖縄の古民家にしてみました。私の亡き曾祖母の家です。今は親戚が住んでいるので窓が入っていますが、ひいばーちゃんがいた頃はそんな現代的なものなどついていませんでした(笑)。

 場所も、沖縄県の本島の北に位置する伊是名島です。沖縄でも秘境レベルの島かもしれませんが、琉球王国初代国王を輩出した由緒正しき島です(私の血縁も国王が絡んでいるらく、実際曽祖父が王族の血筋に関わる祭祀だったという、今やどうでもいい話ですが……)。

 沖縄の原風景が残っているというか、南イタリアもびっくりののどかな島です。海は息するの忘れるくらい超綺麗。伊是名を知っているがために、多少のことでは「ふーん」となってしまう私ができあがりました……特にイタリアで(苦笑)。

 イタリアでたとえると、東京⇒伊是名島は、ミラノ⇒エオリア諸島です。すっごくおすすめしたい島ですが! 東京から行く場合、早朝に出発してどうにか当日中に伊是名に着いたらラッキー、というくらい遠い島です。定期船は沖縄北部からしかでません。イタリアでいうと、シチリア島のメッシーナに行って、そこからフェリーと同じです。本部港~伊是名のフェリーが一日2往復になっただけましですけどね。以前は、当日中に伊是名に着かなかったもん。

b0206901_0391124.jpg 日本にも当然ながらすごいところにある島は多くて、鹿児島・沖縄の島はその中でもかなりのものですが……すごく魅力的な島も数多くあります。無理に海外行かなくても、ゆったりした時間と生活を楽しめる場所は多くあると思うんです。

 私の場合は、血半分のルーツが伊是名島と今帰仁村(北部)ですが、あそこが自分の故郷のひとつになっていることで、沖縄戦の話も知っているし、日本人って沖縄好きだけど沖縄のことけっこう虐げてきてんじゃね? もっと沖縄のこと学ぶべきじゃね? と、半分の血が「日本人(ヤマト)」への違和感を抱いているし、沖縄的なのんびりさを見事身につけて今日に至っているのだろうなあと思っています。

 南イタリアの時間感覚は、沖縄(北部)で慣れ親しんでいるものだからギャップにまったく驚かず、家主のマリナには「あんまり沖縄と変わらん」と言って生活していたり~と、常に沖縄が根底基準になっています。私が南イタリア好きなのは、きっと沖縄に似ているからなんだろう。

 伊是名と今帰仁は、沖縄でもおもしろいことに何度も映画の舞台にされてきたスポットなので(それくらい、沖縄の原風景が残っているのかな)、色々探せば簡単に情報がでてくるはずです。今度そういう話もしよう。沖縄話をはじめたら、イタリアネタ以上に話が終わらない!(笑)

b0206901_162077.jpg さて、話は変わって、(実はメインである)小説更新のお知らせです。今回は趣きを変え、創作用の拍手欄へ、新たにプレゼント用の手のひら小説を掲載いたしました(現在、拍手用プレゼント小説は2本となります)。

 拍手をくださいます皆様へ、感謝の気持ちをこめてお送りする作品ですので……と、いいながら拍手クリックしないと閲覧できなくてスイマセン……。そして、いつも拍手をくださる方々に、厚くお礼申し上げます! ありがとうございます。

 UPしたタイトルは【もんしろちょう】という作品です。拍手のリンクは、コチラにある、CLAPS項をクリックください。また、コチラからもクリック可能です。是非是非どうぞ! 個人的な感想をいえば、沖縄での実話が元になっています。

 最後に、二枚目写真は伊是名よりは近い島、伊江島の海。近くの水納島に広がる海の色はまさに奇跡! スキューバダイビングして、私はもうこの海に骨を埋めたいと思ったほどです(苦笑)。島サイコー! 沖縄早く行きたーい! そして三枚目は、沖縄の祖母宅テラスと猫。束ねられた花を、慰霊のためにおくります。
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2011-06-23 01:32 | 小説作品更新情報 | Comments(0)


<< パンとともに小説更新なのです 【12ROMA留学エッセイ20... >>