南のアジアをめぐる◇シンガポール編 ver.06(建築物と土産とモスク!)
b0206901_2339359.jpg 東南アジア旅行も最終回、目的地シンガポールです! この国といえば、最も有名なのがマーライオンかと思われますが、早速写真一枚目は、マリーナベイサンズスカイパーク。

 船が乗った、超高層ビルです。これ、マーライオンのそばにあって、正直マーライオンより先に目を奪われました。もうこちらのほうが名所だと思う! マーライオンごめん!(笑)

 ちなみに、このマリーナベイサンズスカイパークは某CMにも使われていたそうで(私は言われるまで知りませんでした)、最上階の船部分は展望台やプールがあるそうです。私、あえて昇りませんでした。だって高所恐怖症だもん!頼まれても行けません!!残念なやつですいません(苦笑)。

 さて、シンガポールを見回って思ったのは……土地が狭い分だけ高層ビルが多くビルのデザインがかなり奇抜です。風水に由来して手の指を模したビル群(指五本にあわせ五つのビルが立つ富の噴水の周辺)や、車ごとエレベーターに乗ることができる一フロアに一世帯駐車場つきの高額マンション(発想に度肝抜きました)とか、わくわくするようなデザインの現代建築があちらこちらにあるので、建築好きにはたまらない街なのではないでしょうか。
b0206901_23391291.jpg
 個人的には建築物を見ていて楽しかったですが、反面、これは地震国ではないからできる業なのだろうなと考えてしまいましたが……あと、常夏なので木の育ち方が異常です。木がビルの五階くらいの高さまであって迫力抜群でした。そして、午後に降るスコールはもはや雨というより滝。傘を普通に差してもぶち抜いてくるのではないかという雨の強さでした。

 二枚目のマーライオンを眺めつつ、シンガポールまでの交通について……私はマレーシア、クアラルンプールのKLセントラル駅から、列車に乗ってシンガポールへ入国しました。七時間以上かかったでしょうか。料金は二等で、1000円もしないはず。指定席で2×2の座席並びです。パスポート提示は車内でもしていたような気もしますが(ジョホールバル駅)、気をつけるのはシンガポールの玄関口ウッドランド駅に着いたとき。まず車内で、シンガポール出入国カードの記入が必要です(基本的には車内で配られます)。また、ホームを降りて室内に入ると、すぐにパスポートコントロールがあります。以前はもっとややこしいかたちを取っていたようですが(もっと前の駅でパスポートコントロールするためだけに途中下車とかあったらしい)、今は気楽な感じです。駅からはバスを使って中心部のほうへ向かう感じかな。
b0206901_2346155.jpg シンガポールは……まあ、マレーシアに比べて物価が高いものです。現地の人も、マレーシアまで買出しに行くくらいだそうですよ(シンガポールとマレーシアは列車の他に橋でも繋がっているので気軽に行き来できます。マレーシアからシンガポールへ通勤している人も多いらしい)。それでも、韓国よりは物価が安いかな。ショッピングモールみたいなのもあって、服をかなり購入しました。韓国よりワンピースとか安くてデザインが派手で私好みでした。

 というわけで、土産はこれといって良いものがない。というか高い。一番最初にベトナムに行ってしまったせいで、金額に対してシビアになってしまってですね……帰国はホーチミン経由だったことから、ホーチミン空港内の土産物屋で工芸品を漁りまくっていました。ベトナムのほうが商品の質に比べ大変安く、もっと金額あげてもいいのに! と思うほどでした。ってシンガポールの話になっていませんね。

 シンガポールの観光スポットとしては、写真三枚目のラッフルズ上陸地点(単なるビルと河口……)、ラッフルズホテル(双方イギリス関係)、あとはカジノ? リトル・インディア/アラブストリート周辺?(インドの正月、ディパバリ当日で着飾った街並みでした) むしろ、この国は服とかブランドとかのショッピング三昧がいいかもしれない。
b0206901_23391976.jpg
 私はというと、モスクがとっても良かったです! ドバイに行ったときは中に入れなかったので(詳しくはコチラのドバイ旅行記まで)、モスク内に入れたことはすごく嬉しかったです!

 というわけで、中に入ることができたモスクは写真四枚目! アラブストリートにあるサルタン・モスクです。東南アジアの旅でいろいろ見てきましたが、このモスクはお気に入りとなりました。

 モスクの中でもとりわけ積極的に観光客を歓迎しているところですが、露出の多い服装だと断られる可能性があります。サルタン・モスクでは、ローブのような身体を隠すものを貸してくれます。女性も中に入って見学することができます(回廊から室内を見る感じですが)。

 ちなみに、私はマレーシアのモスクに寄った際に、ブルカを着用しました(頭をすっぽり隠すタイプです)。このブルカは驚いたもので……日光をさえぎってくれる上に、けっこう過ごしやすい。むしろブルカかぶっているほうが快適でした。
b0206901_23392623.jpg これは試してみないとわからないものですね。イスラム圏は日光が強かったり暑かったりする場所が多いですけれど、ブルカは日焼けとかを防いでくれる役割も担っているわけですね~というわけで、私にとってブルカは宗教というより、美容的に関心の高いアイテムになりました……。

 ラスト写真は、私が大変お気に入りのサルタン・モスク内部。モスクの内部ってものすごい私好みなんですよね! このきらびやかでがらんとした感じが……ずっと観ていたいというか居たいところでした。

 ちなみに、このモスクの正面には大きな電光掲示板のようなものがあって、礼拝時刻などが記されています。毎日少しずつ礼拝時刻が変わるそうです。宗教は大学でけっこう勉強しましたが、本当におもしろいです。このベトナム・マレーシア・シンガポール旅行では、アジアというより宗教の多様性とアジア内での文化の差異を学べました。とっても有意義でした!
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2012-06-18 23:54 | 海外旅行のお話 | Comments(0)


<< Il caffe を前に、小説... 南のアジアをめぐる◇マレーシ... >>