春のサンマリノ+小説更新
b0206901_218397.jpg イタリアのスーパー話を挟みまして、恒例の連載小説更新のお知らせでございます。

 初めてネット上に出してみた連載作品【 独白(或いは私室) 】の第五話目をUPいたしました。右記のリンクからこちらの話が読めますので、お気軽にポチッとどうぞ! ⇒ 【 独白(或いは私室) 】を読む (PC・携帯電話などから閲覧可能。今回の連載UPは五話目)。

 ……連載話の内容は、もう佳境なので何も言うまい(苦笑)。写真は、サン・マリノ共和国に行ったときのもの。塔から見える3月の風景でした。鉄格子や窓から見える景色は、まるで動く絵画のようで好きです。一秒とて模倣されることのない絵画なんだと思います。

 「表現の技法」というものを永く考えていたのですが(私自身が文章を書くことに物心ついた頃からハマっていたところから経ち返って)、絵とか音楽とか小説とか映画とか写真とか五感で得たもの心に波打つものを表現するやり方で、一等憧れるのは私にとって「絵画」なんです。

 ただ、もし私が画家を目指したら……目の前の風景より「感情」とか「内なる情熱」をかたちにしようとするんだろうなあ、と今ふと思いました。一番好きなのはルネ・マグリットなんですが、他にも現代美術とかシュールレアリスムとか宗教画(カラバッジョはイタリアに住んでからとても好きになった)とかのほうが好きなのは、現実的ではないからでしょうね。レンズを通しても絵にしても、結局自分の眼で見ている現実世界(目の前にある自然とか)には勝てないと思ってしまうからでしょうね。

 正直に言うと、ブログにはたくさん写真を載せていますが、本物のイタリアの風景はこの100倍は美しいんですよ。時々、この美しい世界をどうやって表現・解説すればより正しく伝わるのか……頭を悩ましてしまいます。考えるのは性分だから仕方ない(そしてよりよくあなたに届きますように)。

 最後ですが、いつも拍手ありがとうございます!! 時間を見つけてこれからもブログUPがんばりまーす!
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2013-04-10 21:12 | 小説作品更新情報 | Comments(0)


<< 連載作品のラスト更新のお知らせー イタリアのスーパー事情!その1 >>