ボルゲーゼと小説更新
b0206901_22373740.jpg とうとう、四年に一度のW杯の季節がやってまいりましたね。イタリアは今回こそ、一次リーグを突破しないと国内で大変なことが起こりますよ……。ちなみに、四年前は一次リーグ敗退した日、完全に国全体がお通夜状態でした。翌日からスポーツ新聞のイタリア代表チーム(特に監督)への袋叩きっぷりはすごかったし、テレビでも犯人探しのディスカッションをしていた記憶がある(イタリアも討論番組はけっこうあります)。

 というわけで、私は空気を読むことなくいつもどおり小説更新のお知らせです。

 第93本目の連作になっていたお話【 沖のはな/後編(最終話) 】をUPいたしました。右記のリンクからこちらのお話が読めますので、お気軽にポチッとどうぞ! ⇒ 【 沖のはな/後編(最終話) 】を読む (PC・携帯電話などから閲覧可能です)。

 こちらは拍手用作品の最終話ですが、今回は、あえて拍手ボタンを押さなくても読めるようにしてあります。そして、ある意味で小説の更新日は空気を読みました。私がボランティアに行ったときも、ちょうど月命日はさんでいたんですよね。
b0206901_22381948.jpg この話を書くために行ったわけではないですが、自分のために記録として物語にしようと思って……私にとって創作という技法は心を安定させるためというか感情をパッケージするものとして最良の手段なので、……今思えばこの話は本当に書いておいてよかったと思います。ちなみにこの話は2011年に書いたものです。

 そのときの感情はそのときに書かないとダメだなあってつくづく思います。もー毎日創作する時間がほしい。あとパーマン2号みたいな代理の自分をゲットして、その子に今読み途中のレヴィ・ストロース本とか次に読みたい日本プロレタリア文学(葉山嘉樹とか)を延々読ませて、そしてその知識と感情を私に流してもらいたい。……はっ、時間がないというより私のスペックにそもそも問題があるのかもしれん(苦笑)。

 さて写真は、この時期のボルゲーゼ公園。のどかで素敵です(でも日本のように夜に近づくととても危険)。そして、藤の花がたくさん咲いている時期です。イタリアは藤棚の概念がないので、建物に垂れ下がって咲いています。それもまた美しい。藤って日本だけのものではないんですね。とても好きな花のひとつです。
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2014-06-12 22:45 | 小説作品更新情報 | Comments(0)


<< ローマの語学学校を選ぶまえに イタリア語での、場所・道を尋ねる表現 >>