イタリアンと小説更新のおしらせ
b0206901_1211225.jpg 閲覧、拍手などなど本当にありがとうございます! これからもぼちぼち更新していきますので、よろしくお願い申し上げます。

 さて、このたびは寒い季節がやってきた感満載の中、小説更新です。前回、短編が第100本目までいき目標は達成したので、次はさくさくとはじめての長編をUPしていきます。

 タイトルは『 下がり葉の猫 』。今回は【 第1話 】をUPいたしました。右記のリンクからこちらのお話が読めますので、お気軽にポチッとどうぞ! ⇒ 【 下がり葉の猫、第1話 】を読む (PC・携帯電話などから閲覧可能です)。

 魚といえば猫。安易な流れです(笑)。ジャンルは怪奇系か不思議系になるんでしょうか……幼女の化け猫ちゃんのお話です。

 そして写真のピアット(お料理皿)は、南イタリアのお洒落な若者系リストランテにはいったときの一品。イタリアより南フランスっぽいというか、妙に洗練されていました。南イタリアもお洒落と言えばお洒落な気はするけど、洗練さには欠けげっふげっふ。やっぱり魚料理は高いし、調理されるレパートリーは少ないです。

 で、最近の私。家族がチェリモヤという果物が好きで、日本でも食べたい! と申したもので、ネットで探してみたところ……日本だとひとつ1000円以上していてドン引きでした。なにこの値段。ちなみにチェリモヤはイタリアで見たことないです。フィーキ・ディ・インディアならわかりますけど。さぼてんの実です。今の時期旬ですよねー。ドラゴンフルーツをもっと甘くしてもっと種が大量にはいっているやつです。種も平然と食べるのがイタリア流(スイカも似たようなもの)。私はソルベとかにしてくれると嬉しいです(笑)。
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2014-10-30 12:15 | 小説作品更新情報 | Comments(0)


<< イタリアの猫とかペットとか動物の話 イタリアでの、食材な小ネタです♪ >>