クロアチアをめぐる旅のおはなし「ザグレブ編」
b0206901_191076.jpg クロアチアの旅もドゥブロヴニク(記事はコチラ)からはじまり、スプリット(コチラ)、プリトヴィッツェ湖群国立公園(コチラ)と続き、ラストはクロアチアの首都。

 ザグレブ Zagreb です。実は語ることがほとんどない(苦笑)。弟はプリトヴィッツェから最終のバスを利用してザグレブに着いたため、時間も遅く観光どころではなかったそう。帰国の飛行機を乗るために最後に寄った都市という感じでした。

 まず、長距離バスのターミナルについてですが、ザグレブ中央駅(鉄道)から徒歩20分くらいのところにあります。大荷物で徒歩はきついので、近くにあるトラム利用がおすすめ。バスターミナルからザグレブ空港へ行くバスが出るので、早朝帰国などを考えているならターミナル周辺の宿をとるほうがいいです。

 さて、最初の観光スポットは写真1枚目。ザグレブ中央駅の正面玄関から栄えたイェラチッチ広場まで向かう途中にあるトミスラフ広場。すごく大きなトミスラフ像が鎮座しています(クロアチア初代王)。素敵な遊歩道になっているのでそのまま散策して、イェラチッチ広場へ向かうのもいいですが……1km以上距離があります。
b0206901_193310.jpg
 さすが首都らしく街も広いです。若者も多い。写真2枚目のとおり、トラムが使い勝手よく走っています。なので、ザグレヴ中央駅から洒落たお店が多いイェラチッチ広場まで、トラムを使うのはひとつの手。切符はトラム、バス問わずキオスクから購入です。トラムの通っているところに大体観光スポットがあるので、体力温存でトラム一日券をフル活用するのもいいと思います。

 ザグレブの他の見所はイェラチッチ広場近くの聖母被昇天大聖堂や聖マルコ教会、ロトルシュチャク塔、石の門など(ほぼすべて無料)。あとはミュージアムが多いです。ミュージアムで、ある意味一番おすすめなのは「失恋博物館」。日本でも有名ですよね(日本語解説もあるようですよ。)

 写真3枚目はイェラチッチ広場。食事処や雑貨、土産物屋楽しいのはこの広場周辺です。弟はプリトヴィッツェ散策の重い身体をひきずり(笑)食事処を探しての街散策だったそうです。

b0206901_192362.jpg 食事をした場所は、確認したところ某観光パンフレットに載っていた「イヴィツァ・イ・マリツァ」というレストラン。普通に美味しかったそうです。これまでの観光地に比べ、肉料理がメイン。店情報は下記です。

 ★レストラン「イヴィツァ・イ・マリツァ Ivica i Marica」
   住所: Tkalciceva 70. Zagreb URLはコチラへ。

 で、弟さんがザグレブで一番したかったこと。それが、高級ホテルに泊まること(弟は海外旅行でかならず一度高級ホテルに泊まることにしているそうです)。

 ホテルは、リージェント・エスプラネード(クロアチアの五つ星、リンクはコチラ)。シングルスイートに泊まって疲れを癒したようです。ちなみに高級ホテルでもドゥヴロヴニクに比べると全然安かったとのこと。物価が安い土地であえてリッチに決めるのは、いいですね! 私にはない発想だけど(笑)。

 ……というわけで、次回はそのリージェント・エスプラネードとイヴィツァ・イ・マリツァの写真と、ザグレブの街並みをちょっとだけお届けして、クロアチアの旅も終わりです(でも、コトルがあるのでまだまだ続きます!)。
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2015-03-18 01:24 | 海外旅行のお話(弟編) | Comments(2)
Commented by shobirei at 2015-05-20 02:04
一昨年のクロアチア、懐かしく拝読しました。たしかにザグレブは物価が安かった。
アタのネクタイもドゥブロクニクと値段が違いました。でも、ザグレブが好き❗余り観光地化されてない素朴さが好きです。
2cellosのコンサートにも行きたいな??
クロアチア、イタリア、シチリア、正に私の心の金字塔みたいな感じです。
素敵なブログをありがとうございます❗
Commented by gosuiro at 2015-05-21 00:15
こちらこそ、ご訪問ありがとうございます!
観光地化されたところよりも一般の暮らしが感じられるところのほうが、素朴で人間味があって好きという気持ち、とても良くわかります。
私もアドリア海・地中海側の国の雰囲気がすごく好きなので……またそのあたりの旅行記がお届けできるときは是非遊びに来てください♪


<< クロアチアをめぐる旅のおはな... 小説更新しました+クロアチア写真 >>