<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
イタリア式エスプレッソ、カフェティエラ活用法

b0206901_2319279.jpg イタリアの飲み物といえば、エスプレッソ! でも、現地のバールなどで「エスプレッソください」とはほぼ言いません。イタリアでは、コーヒー(カッフェ)=エスプレッソです。イル・カッフェ(Il caffe)です。一杯ぶんだとウン・カッフェ(Un caffe)。イタリアのお外でエスプレッソを頼むときは、「ウン・カッフェ・ペルファヴォーレ(Un caffe per favore/訳*カフェ一杯お願いします)」と言えばなんとかなります。

 早速話が脱線しましたが、今回はご家庭で楽しむ場合のエスプレッソについて! けっこう知られている基本ネタかもしれませんが……私なりにあまり知られていない小ネタをいろいろ盛り込みますよー。

 というわけで、写真一枚目はイタリア式のエスプレッソをつくる際に必要な道具です。右側の銀色三点がエスプレッソ・コーヒーメーカーで分解したもの。本場イタリアではカフェティエラ(la Caffettiera)と言われています(組み立てた完品はラスト写真にあります)。エスプレッソをつくるときも、かならずこのように分解します。三点が揃っていないと、エスプレッソはできません。
b0206901_23194843.jpg 材料は、水とエスプレッソ用のコーヒー豆、それに火(笑)。カフェティエラは直式火なので、ガスコンロを使います。用意する水をこだわるならば、イタリアの土地柄にあわせて硬水がいいかもしれません。ちなみに、カフェティエラのメーカーで有名なのは、ビアレッティ(Bialetti)。これ以外のカフェティエラを使うと、けっこう水が漏れたり壊れたりが早いようです。安物は特に危険。写真のものは五杯用です。三杯用くらいが大きさ的にはベスト。かたちも写真のものが定番ですが、他にもいろいろあります。

 さて、淹れかたは写真の二枚目を見つつ……最初にするのは、お水を入れることです。右の器はガスコンロに敷く一番下の部分で、水が入るところです。水の量は、かならず内側にある金具のポッチあたりまでいれます。それを無視して目一杯入れると、沸騰したときに大惨事になりますので注意(笑)。

 この中に重ねるのが、左のアルミの容器。写真ではすでにコーヒー粉を敷き詰めています。こちらに粉を目一杯平らになるよう入れますが……実は、濃いエスプレッソを淹れたいときはぎゅうぎゅうに粉を詰めて、薄いのがほしいとき分量をちょっと少なくして……と、その日の気分次第に量を変えてもOK。基本的には、写真のように目一杯淹れたほうが失敗しません。
b0206901_2320498.jpg
 ここで、あまり知られていないのは、目一杯コーヒー粉を敷き詰めた後。爪楊枝で写真のように差し込んで、数個の穴をつくるとよりおいしくつくれます。イタリア人のマンマ、マリナちゃんの知恵でございます。

 このように水とコーヒー粉をセットして、右の水を入れた容器に左のコーヒー粉を入れたアルミ容器を上に重ねます。アルミのやつは下の部分が筒になっていて、カフェティエラを火にかけると沸騰した湯が筒を通り、上のコーヒー粉に浸透して抽出する仕組みです。

 そして、写真三枚目のように、抽出したものを蓄えるポット部分を装着します。瓶の蓋と同じようにねじってはめ込むものですので、固く締めなければいけません。緩いと沸騰させて抽出しているときに横からお湯が漏れます。カフェティエラは火にかけると熱伝導でとても熱くなるので注意。

 また、一番上のポット部分を逆さにすると抽出部分はツプツプのアルミがはめられゴムパッキンで留められています。このふたつは老朽化しますので、一年~二年に一度くらいは交換したほうがいいのかな。イタリアでもアルミとパッキン部はセットで別売りされています。
b0206901_23201252.jpg
 火にかけるときはミニコンロに乗せます。つまり、ミニコンロがないと基本的にカフェティエラは使用できません(苦笑)。イタリアのガスコンロはかならずカフェティエラ用のようなミニコンロが用意されています。火加減はカフェティエラの大きさによりますが、底辺に満遍なく火がかかる程度です。火が横から出ていたらかけすぎです。抽出し終えると、コホコホーと一番上のポット部分が唸ります。蓋を開けて確認するのが一番ですが、ものすごく熱いのでコホコホーといって数十秒経ったら火を止めていいと思います。

 最後は、カップに入れる前に蓋を開けてスプーンでくるりと一回エスプレッソをかき混ぜます。こうすると濃淡が均一になっておいしくなります。あとは飲むだけ!

 イタリア的な飲み方の場合は、30ccくらいのミニカップにエスプレッソをいれて、シュガーステック一本ばさーっといれ、数度かき回して、くいっと一気飲みすればOKです。エスプレッソはめちゃくちゃ濃いので、一般のカップの量を飲むと、変な話、胃を痛めます(笑)。砂糖をたくさんいれるのは、イタリアの人々が甘党だからというのもありますが、エスプレッソが苦いのと胃にやさしくないからに違いない……。
b0206901_23191631.jpg
 濃すぎてキツイと感じる方には、ミルクを足すのがおすすめ。カフェ・マッキアートのように、ちょっとだけミルクを垂らすのもいいし、ミルク多めでカフェラテにしてもおいしい。逆に、あまりおすすめしないのは、お湯で割ることです(笑)。

 ちなみにですが、イタリアにも日本やアメリカ他で飲むのような薄いコーヒーは存在しています。名称は「カッフェ・アメリカーノ」。メニューでだしているバールでこちらを頼むと、奇跡が起これば日本やアメリカ他で飲むようなコーヒーがでます。

 でも、基本はエスプレッソとお湯がでてきます。「外国人が好きなコーヒーって色水だろ? エスプレッソにお湯足したようなもんだろ。お湯やるから、自分で割って飲めよ」という扱いで、でてくるんですよ……おまえらナメてんのか! 焼酎とお湯ならいいけど、これ無理! と、叫びたくなります。なので、カッフェ・アメリカーノなんてイタリアでは滅多に頼まない(笑)。

 そう言いつつ、個人的に気に入っているのはエスプレッソ+氷。夏におすすめです。大量の氷を入れたグラスにエスプレッソ投入すると濃いコーヒーでおいしいですよー。でも、これはイタリア的には邪道です。現地でやると引かれます(笑)。

 最後に、使用コーヒー豆のメーカーについて。日本でも知られているイタリアで有名なコーヒー粉は、セガフレード・ザネッティ(Segafredo ZANETTI)、イリー(illy)、ラヴァッツァ(LAVAZZA)あたりですが……私の周囲では、キンボ(KIMBO)が人気です。ナポリ系で濃く抽出できて香り高いとかマリナが言ってたかな。私もキンボが好みです。
 
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2012-06-29 00:03 | おいしいレシピ紹介 | Comments(0)
Il caffe を前に、小説更新のお知らせ
b0206901_0494688.jpg 長らくアジアの話をしておりましたが、ようやくイタリアにお話を戻します! 

 ……が、その前にちっと小説更新のお知らせです。このたび、56本目の作品【 アイデンティティー 】をUPしました。右記のリンクから、お気軽にポチッとどうぞ! ⇒ 【 アイデンティティー 】を読む (PC・携帯電話などから閲覧可能)。

 今回は少し不思議な話ですが……個人的な観念に、人ってそういうものなのではないかなという意識があります。自分でも趣向は不思議なもので、幼い頃から閉ざされた世界が大好きでした。メトロポリタンミュージアムという曲があるのですが(みんなのうたの名曲)、あの歌の曲と映像を見ながら「私も深夜の美術館を駆け回って大好きな絵の中に閉じ込められたい。そうしたら幸せになれるのに」と本気で思って女の子に嫉妬していました(笑)。

 本の中といい絵の中といい、時の止まった完結した世界に安心感があるんですよね。それは今も受け継がれていて、作家や哲学者も基本すでに存命でない方が好きですし、漫画も完結してから全巻一気に読むのが好きです。完結(完成)と永遠が、私の中でイコールなのかもしれませんね。というわけで、次回は写真のとおり、そんな思考のお供になるエスプレッソのつくりかたです!

 そして、相互リンクさまを追加いたしました。コメント、拍手もありがとうございます。ぐだぐだなブログですが時間を割いてがんばっていく所存です。いっそのこと更新することよりも持続させることが大事になってきたこの頃です(苦笑)。
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2012-06-24 00:52 | 小説作品更新情報 | Comments(0)
南のアジアをめぐる◇シンガポール編 ver.06(建築物と土産とモスク!)
b0206901_2339359.jpg 東南アジア旅行も最終回、目的地シンガポールです! この国といえば、最も有名なのがマーライオンかと思われますが、早速写真一枚目は、マリーナベイサンズスカイパーク。

 船が乗った、超高層ビルです。これ、マーライオンのそばにあって、正直マーライオンより先に目を奪われました。もうこちらのほうが名所だと思う! マーライオンごめん!(笑)

 ちなみに、このマリーナベイサンズスカイパークは某CMにも使われていたそうで(私は言われるまで知りませんでした)、最上階の船部分は展望台やプールがあるそうです。私、あえて昇りませんでした。だって高所恐怖症だもん!頼まれても行けません!!残念なやつですいません(苦笑)。

 さて、シンガポールを見回って思ったのは……土地が狭い分だけ高層ビルが多くビルのデザインがかなり奇抜です。風水に由来して手の指を模したビル群(指五本にあわせ五つのビルが立つ富の噴水の周辺)や、車ごとエレベーターに乗ることができる一フロアに一世帯駐車場つきの高額マンション(発想に度肝抜きました)とか、わくわくするようなデザインの現代建築があちらこちらにあるので、建築好きにはたまらない街なのではないでしょうか。
b0206901_23391291.jpg
 個人的には建築物を見ていて楽しかったですが、反面、これは地震国ではないからできる業なのだろうなと考えてしまいましたが……あと、常夏なので木の育ち方が異常です。木がビルの五階くらいの高さまであって迫力抜群でした。そして、午後に降るスコールはもはや雨というより滝。傘を普通に差してもぶち抜いてくるのではないかという雨の強さでした。

 二枚目のマーライオンを眺めつつ、シンガポールまでの交通について……私はマレーシア、クアラルンプールのKLセントラル駅から、列車に乗ってシンガポールへ入国しました。七時間以上かかったでしょうか。料金は二等で、1000円もしないはず。指定席で2×2の座席並びです。パスポート提示は車内でもしていたような気もしますが(ジョホールバル駅)、気をつけるのはシンガポールの玄関口ウッドランド駅に着いたとき。まず車内で、シンガポール出入国カードの記入が必要です(基本的には車内で配られます)。また、ホームを降りて室内に入ると、すぐにパスポートコントロールがあります。以前はもっとややこしいかたちを取っていたようですが(もっと前の駅でパスポートコントロールするためだけに途中下車とかあったらしい)、今は気楽な感じです。駅からはバスを使って中心部のほうへ向かう感じかな。
b0206901_2346155.jpg シンガポールは……まあ、マレーシアに比べて物価が高いものです。現地の人も、マレーシアまで買出しに行くくらいだそうですよ(シンガポールとマレーシアは列車の他に橋でも繋がっているので気軽に行き来できます。マレーシアからシンガポールへ通勤している人も多いらしい)。それでも、韓国よりは物価が安いかな。ショッピングモールみたいなのもあって、服をかなり購入しました。韓国よりワンピースとか安くてデザインが派手で私好みでした。

 というわけで、土産はこれといって良いものがない。というか高い。一番最初にベトナムに行ってしまったせいで、金額に対してシビアになってしまってですね……帰国はホーチミン経由だったことから、ホーチミン空港内の土産物屋で工芸品を漁りまくっていました。ベトナムのほうが商品の質に比べ大変安く、もっと金額あげてもいいのに! と思うほどでした。ってシンガポールの話になっていませんね。

 シンガポールの観光スポットとしては、写真三枚目のラッフルズ上陸地点(単なるビルと河口……)、ラッフルズホテル(双方イギリス関係)、あとはカジノ? リトル・インディア/アラブストリート周辺?(インドの正月、ディパバリ当日で着飾った街並みでした) むしろ、この国は服とかブランドとかのショッピング三昧がいいかもしれない。
b0206901_23391976.jpg
 私はというと、モスクがとっても良かったです! ドバイに行ったときは中に入れなかったので(詳しくはコチラのドバイ旅行記まで)、モスク内に入れたことはすごく嬉しかったです!

 というわけで、中に入ることができたモスクは写真四枚目! アラブストリートにあるサルタン・モスクです。東南アジアの旅でいろいろ見てきましたが、このモスクはお気に入りとなりました。

 モスクの中でもとりわけ積極的に観光客を歓迎しているところですが、露出の多い服装だと断られる可能性があります。サルタン・モスクでは、ローブのような身体を隠すものを貸してくれます。女性も中に入って見学することができます(回廊から室内を見る感じですが)。

 ちなみに、私はマレーシアのモスクに寄った際に、ブルカを着用しました(頭をすっぽり隠すタイプです)。このブルカは驚いたもので……日光をさえぎってくれる上に、けっこう過ごしやすい。むしろブルカかぶっているほうが快適でした。
b0206901_23392623.jpg これは試してみないとわからないものですね。イスラム圏は日光が強かったり暑かったりする場所が多いですけれど、ブルカは日焼けとかを防いでくれる役割も担っているわけですね~というわけで、私にとってブルカは宗教というより、美容的に関心の高いアイテムになりました……。

 ラスト写真は、私が大変お気に入りのサルタン・モスク内部。モスクの内部ってものすごい私好みなんですよね! このきらびやかでがらんとした感じが……ずっと観ていたいというか居たいところでした。

 ちなみに、このモスクの正面には大きな電光掲示板のようなものがあって、礼拝時刻などが記されています。毎日少しずつ礼拝時刻が変わるそうです。宗教は大学でけっこう勉強しましたが、本当におもしろいです。このベトナム・マレーシア・シンガポール旅行では、アジアというより宗教の多様性とアジア内での文化の差異を学べました。とっても有意義でした!
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2012-06-18 23:54 | 海外旅行のお話 | Comments(0)
南のアジアをめぐる◇マレーシア編 ver.05(クアラルンプールとホタルと土産と)
b0206901_0561695.jpg マレーシアの首都、クアランプール。これがまたものすっごい都会でびっくりしました。シンガポールの隣にある国という意識がまったくなかったんですが、実際に降り立って認識を改めました。国際的な都会です。マラッカに比べればとても現代的な都市になりますが、クアランプールに観光場所はいくつもあります。

 写真一枚目は、その中で特に迫力あったところ、市内にある独立広場から見た旧連邦事務局です。市内中央部にありながら広い敷地を有していて、旅行疲れと暑さでうだっていた私も目が覚めました。後ろのビルとミスマッチな感じが、アジアらしいな思います(笑)。建物は、イギリスに関係するだけあって恰好良いです。

 クアランプール自体はかなり広いです。鉄道、バス、モノレールがあって街中は比較的安全です。それに、日系企業も多く(デパートとか)、郊外にもイオンのショッピングモールが普通にあって驚きました。それに、コンビニエンスストアもあって便利! しかもセブンイレブン! ホテルに着いて夜遅くに、コンビニまでおでかけしました。
b0206901_0562522.jpg そして悩ましいマレーシアでのお土産ですが……私は友人たちに配りやすいココナッツのクッキーを買いました。正直、通貨がより安価で工芸品の多いベトナムへ先に行ってしまったがために、土産はあんまり買わなかったんです。お土産はやっぱりベトナムを超えられないなあ。香辛料やフルーツ菓子を買うならいいかもしれません。

 マレーシアの料理に関しては、ニョニャ料理(マラッカあたりで食べられる、マレー+中華の融合料理。けっこう日本人に合う)や海鮮料理とか食べましたが……一番おいしかったのは、カレーでした(笑)。様々な民族が共存する国らしく、ホテルの朝食バイキングが豪華だったんです。それで、インドのカレーが本当においしかったです。 

 さて、観光話に戻ります。写真二枚目は、マレーシア連邦王宮の正門です。マレーシアでは13州ある内、9つの州にそれぞれスルタンという統治者みたいな人がいます。この王宮へは、その9名が数年ごと順に住まうらしいです。とはいえ、このスルタン制度も、国費がかかるとかなんとかで国民的にどうよ? という感情もあるそうです。確かに単純に9人じゃなくて、9つの家族を国で養うことになりますし……。ちなみに王宮の様式は写真のとおり、イスラム式で門番の兵隊もイスラム系でした。
b0206901_1105100.jpg
 市内もモスクが多いです。ここまでイスラム色が強いと思っていなかったので、少しカメラを撮るのを躊躇してしまいました(女性は実際あまり撮らないほうがいい)。他の観光としては、クアランプールを一望できるツインタワーでしょうか。

 あ、マレーシア空港とシンガポール行きの鉄道が出ているKLセントラル駅は、日本の有名な建築家、黒川紀章氏が携わったそうです。だから現代日本的なかたちしていると思ったんだな……私も後で知りました。個人的にクアランプールは、観光というより住んでおもしろい場所のような気がします。その点、マラッカは観光地というよりリゾート地っぽい開放的な感じですね。

 マレーシアの最終夜ではホタル鑑賞をしました。小雨で半分濡れながら熱帯雨林の川ボートに乗り込みましたが、サバイバルなことは好きなのでテンションは上がり、ホタルの輝きに盛り上がりました。というのも、ホタルの輝き方が天然のエレクトリカルパレードだったんです(笑)。
b0206901_0563322.jpg 日本の蛍のように、黄緑色の光でほわわんと点るのでなく、マレーシアのホタルは電飾のように白い光がパキパキ点る。クリスマスの人工ライトアップみたく、木々一面にパッパッと点滅するんですね。綺麗というより種類でこんなに違うと知り、新発見にわくわくしました(母がホタルを捕まえて、かたちを見ましたが日本のより小さかった!)

 ホタルでもこんな違うんだあと学びました。日本の蛍は、日本人らしい奥ゆかしさがある。これは、沖縄でも別の虫で実感するんですよね……ゴキブリです(笑)。日本でよく見る黒光りタイプのものと、茶色でやたらでかいものの二種類が沖縄にいるんですが、黒光りさんのほうは、人間を見るとすぐ逃げます。茶色のほうは逃げない。むしろ果敢に戦いを挑んでくる。私は後者が嫌いです。なぜなら、祖母宅に毎日現れよく夜に裸足で踏みそうになるから!

 と、最後にアウトな話をしましたが、蛍もゴキブリも日本的なほうが好みです。蛍とゴキちゃんを同じ土俵に置くのもなんですが、まあ分類上どちらも虫なのでいいんです(ちなみに私は昆虫好きです。ミツバチとトンボとテントウムシの幼虫の形状がお気に入り)。

 次回は、鉄道でマレーシアを南下して次の国へ。三枚目写真はマラッカ郊外、ラスト写真は爽やかに、マラッカ・セントポールの丘からの海と町でした。
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2012-06-13 01:19 | 海外旅行のお話 | Comments(0)
イタリアに一瞬戻って小説更新のお知らせ
b0206901_0372188.jpg とうとう日本の大部分が梅雨になった模様ですね……それに便乗して、小説更新のお知らせです。

 このたび、55本目の作品【 みずいろの世界 】をUPしました。リンクは右記より⇒ 【 みずいろの世界 】を読む (PC・携帯電話などから、クリックで閲覧可能です)。

 今回のお話は梅雨ネタにちょろっとあわせています……というか、読み直したらそういうことになっていました。雨は外出時は好きではないんですが、家の中から窓越しに見る雨とか、窓開けて雨音を聞きながら昼寝するのは大好きです。雨は天然のエレクトロニカだなあ、と、思ってから雨音が音楽のように聴こえます。でも、幻聴は嫌です(苦笑)。

 添えました写真は、マレーシア……にしようと思ったんですが、あまりにも旅行記が続いてくどい! という個人的な気分から、イタリアの路地裏(ウルビーノ)でございます。東南アジアの話からイタリアに戻ると、どんだけ石造りの世界なのかよくわかります。これもこれで好きです。ヒール履いたらカカトがすぐ石の隙間に挟まって散々な目に遭いますけどね!(笑)
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2012-06-10 00:39 | 小説作品更新情報 | Comments(0)
南のアジアをめぐる◇マレーシア編 ver.04(宗教の多様性を見て)
b0206901_2330775.jpg マレーシアへ旅行して、一番驚いたことがありました。それというのも、滞在していたときにインド(ヒンドゥー教)の正月があったことです。正月ですよ! そんなの現地に行くまで聞いてない話ですよ(笑)。

 そもそもインドの正月が、一月一日ではなかったことを、マレーシアに行って知ったという……ヒンドゥー暦で毎年変動するというので、被ったのは偶然のことでした(毎年、秋にあるそうです。ちなみにこの旅行は秋に行っています)。

 インドの正月の名称はディパバリ Deepavali。写真一枚目は、その正月を祝う花の文様で、ホテルの床にデカデカと描かれておりました。

 この前後の日はマレーシアもシンガポールも祝いごとで一色になります。別の言いかたをすれば、皆あんまり仕事をしない祝日です(インド系のお店はやってない可能性のあるので注意!)。


b0206901_233024100.jpg 祭典ということで、町のあちこちで電飾や飾りがされていました。テレビも、インドの正月生特番をやっていて、踊りまくり歌いまくり、インド映画のあの独特な楽しさそのままで……テレビ見て私、ずっと笑っていました。インド映画のノリ大好きなんです。いつかインドは行ってみたいな~でも女一人で行けるもんなのかしら(苦笑)。あ、午前零時頃の元旦になった瞬間は、クアラルンプールの中心部でバンバン花火が上がってて綺麗でしたよ!

 さて、マレーシアは宗教に関しても、とても魅力的な国です。インド系、イスラム系、中国系など、様々な人種と文化が入り混じっています。私の印象としては、ここまでイスラム色が強いとは思わずびっくりしました。今まで行った東南アジアの印象では、ベトナムはベトナム人、インドネシアはインドネシア人という土着的な装いがかっちりあったので、マレーシアのこの多国籍な雰囲気は本当に意外でした。東南アジアでもシンガポールと並んで独特な感じがありますね。

 その多国的な印象の原点に位置するような街、マラッカにも、あちらこちらにくまなく寺院、モスク、教会があります。写真の二枚目は、マラッカ歴史地区に在する中国式寺院、青雲亭寺院の正面門です。
b0206901_23301677.jpg
 こちらの色合いは、共存する宗教の中で一番派手ですが、私は琉球的な色使いを感じました。琉球も過去は日本より台湾や東南アジアと深く関わっていたものですから、色の感じや文化も似ているところがあるんですね。私の祖母は本土のひとより、韓国や台湾のひとのほうが妙に親近感があるというくらいなので……影響を確かに感じました。

 とはいえ、本土的な関わりもマラッカにはしっかりあるんです。しかも、それはローマとも関係があるんですね。日本とイタリアを繋ぐものが、マラッカにはあったこともまた驚きでした。

 それが写真三枚目、セントポール教会(史跡)です。ここから、かの有名なフランシスコ・ザビエルが日本へキリスト教を布教しに旅立ったなんて知らなかったよ!! それも、フランシスコ・ザビエルが亡くなった際に一度の安置所として使われたそう……実際に、フランシスコ・ザビエルの像もあります。

 ここがローマと不覚関係しているのは、……フランシスコ・ザビエルが宣教師として在していたイエスズ会の元本拠地、ジェズ教会がローマにあるためです。そのジェズ教会には、フランシスコ・ザビエルの片手が安置されています。
b0206901_23353217.jpg
 ローマの中でもジェズ教会は好きなつくりだったので、私としては日本・マラッカ・ローマの関係を生々しく感じられました。こんなところにフランシスコ・ザビエルの足跡があるなんて知らなかったというか、この東南アジア旅行はまったくリサーチしていなかったので驚きもひとしおでした……でも、こういう偶然が起こる旅行はたまらんですね。インドの正月といい(笑)。

 ちなみに、このセントポール教会はマラッカを一望できる高台にあります。マラッカ海峡がある港都市でもあるので、海がとても近いです。この海の色が沖縄の海に似た感じで美しい! マラッカの歴史地区を見回った後に、かならず訪れておきたい場所であります。

 マラッカはマレーシア内で最も古都ともいえるところでもあり(元はマラッカ王国という歴史がある)、異文化が融合したのもアジア・イスラム・ヨーロッパの貿易中継都市として繁栄したからですね……なので、観光スポットは他にも、マラッカ王宮(復元)、スタダイス、砲撃の砦や博物館など満載です。

 最後に、宗教関係で出していないのはイスラム教ですが、モスク見学についてはまた後日!(ラスト写真はクアラルンプールのモスクです)。
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2012-06-05 23:53 | 海外旅行のお話 | Comments(0)