<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
バルサミコ酢と、ドレッシングの作り方
b0206901_0464045.jpg イタリアの調味料で、とりわけ謎めいているもののひとつが「バルサミコ酢」。なんせ、私はイタリアに住むまで存在すら知らなかった(笑)。ワインビネガーの親戚みたいなもので、原料は「ブドウ」です(日本は米・大豆を原料にする酒や調味料ばかりですが、イタリアだとほぼブドウ)。

 私が主に使っているのは、写真1枚目の二種。双方ともバルサミコ酢なのですが、味は若干違います。日本でたとえると大瓶が一般醤油、小瓶が九州の甘醤油みたいな感じ。小瓶は「Mazzetti(マツェッティ)」という有名な会社のものです。真ん中に葉っぱマークが四つありますが、この小瓶シリーズで一番高級……というよりは、かけ醤油っぽく使ったほうが美味しいタイプです。もうひとつの大瓶は、逆に酸味が強くドレッシング活用タイプ(オリーヴオイルや塩とまぜて使うと美味しいタイプ)。

 実際、バルサミコ酢は醤油とまったく異なるものですが、便宜上イタリア版「かけ醤油」といったほうがわかりやすいのかな。バルサミコ酢は基本的に素材そのものにかけるか、ドレッシングの材料になるくらいしか用途はありません(調理中に加えることはあんまりない)。
b0206901_0562711.jpg また、良いバルサミコ酢は熟成すればするほど甘みが増します(原料が果物だからでしょうか)。10年20年ものの高級バルサミコ酢は本当にとろりとして甘いです。イチゴなどにかけて食べるほどで、凝縮エキスみたいな感じ。日本で大抵売られていたり店で置かれていたりするバルサミコは、ドレッシングに使うような酸味の強いやつなので口当たりは良くないですが……すごく熟成された甘いバルサミコ酢を味見したら価値観変わると思います(かなり高価ですが)。

 バルサミコ酢はそもそも使い勝手がわかりにくい調味料なので、市販ではいろんな味に調合されたバルサミコソースが欧州で出回っています……が、個人的にはあまり好きではありません(本来の風味がなくなるため)。手を出すならばブドウのみでつくられたものをおすすめしたいです。

 ただ、正統派のバルサミコ酢でもカラメルがはいっているやつもあります。かならず買うときは原料の欄を見たほうがいいです。ちなみにすすめているMazzetti社のものは、カラメル色素はいっていることが多いかな。でも、カラメルがはいっていると味がまろやかになるので使いやすい(高級バルサミコ酢に味を似せるためいれているんだと思う)。バルサミコ酢もワインと同じく、それぞれ味わいが変わるのでどれがいいとは一概にいえません。

b0206901_0465426.jpg バルサミコ酢を買うときに最低限注意する点は、なるべくイタリア産でDI MODENA(モデナの)と書かれていること。伝統的なバルサミコ酢はモデナという地域で管理されたものしか、その称号がつきません。なので、小さいボトルで千円以上するものは、モデナでしっかりコントロールされた(DOP認証された)かどうか見たほうがいいかも。高い金額払ってトラディツィオナーレ(伝統製法)じゃないやつだったら切ないし……あとは原料にブドウ以外のものが書かれていないものですね。安価でいいなら個人的にはMazzetti社がおすすめ。オーガニックと表記されているイタリア産のものもいいと思います(IGP認定されているのもいいかな)。

 そして、最も活用しやすい使い方ですが、やはりサラダのドレッシングとして使うのが一番(写真3枚目のように)。実はイタリア、ドレッシングという概念がそもそもありません! スーパーにもドレッシングは基本的に売られていない。イタリアの人からすれば、ドレッシングは外国人が使うもの、私たちにはバルサミコがあるしアリエナイ! みたい感じなのです。ドレッシングという概念が邪道なんですね。イタリアンドレッシングとかは、ナポリタンスパゲッティ同様アメリカ人か日本人が勝手につくったなにかだきっと(苦笑)。
b0206901_047715.jpg イタリアのリストランテや家庭の食卓には、エキストラバージンオイル、塩、こしょう、そしてバルサミコ酢が常備設置なのでございます。写真4枚目のようなセット仕様です。生サラダを食べるときにそれらをお好みでかけます。なので、オリーヴオイルとバルサミコ酢の味がよくないと、サラダの味は悲しいものになります。ドレッシングにバリエーションなどない。だってバルサミコ酢とオリーヴオイルが一番で正義だから(苦笑)。

 ちなみに、マリナは全部てきとーにかけるより、ドレッシングっぽくしっかり調味料を混ぜて使っていました。たとえば、事前に右下にあるようなミニタッパーに、オリーブオイル、バルサミコ酢、塩、こしょうを適量好みでいれて蓋をし、高速で振ってサラダにかける。簡単な即席ドレッシングですが最も使い勝手がいいバルサミコ活用法です。バルサミコ酢の酸味とえぐみが苦手なら、プラスして日本の醤油をいれるのはおすすめ。ドレッシングがまろやかになっていいですよ。

 そのままかけ醤油っぽく使うなら、モッツァレッラチーズやトマトにたらして食べると美味しい。ビーフなどの肉にかけて食べるのもありだし、ガーリックでいためたイカとかにもあう。レモンをかけて食べるのにはあいやすいかも(からあげ系は微妙だろうけど。たとえば、白身魚や生鮭ときのこ数種のボイル焼きにかけると美味しい)そして、バルサミコ酢はワインに一等あうのです。だって原料は同じなんだもん(笑)。
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2013-09-23 01:14 | おいしいレシピ紹介 | Comments(0)
フラスカーティの空+小説更新
b0206901_2359653.jpg 秋が来るとワインの季節。というわけで、写真はワインの名所、フラスカーティの空。ここでは10月に湯水のごとくワインが飲めるワイン祭があったはず……イタリアの秋は、日本顔負けの「味覚の秋」なので、食を求めに行くなら秋に旅行するのがおすすめです。

 そして、イタリアワインで無難な銘柄のひとつである「フラスカーティ」。ラツィオ州自慢のワインとも言えるかな。あっさり口当たりよくフルーティで飲みやすいです。規格がDOCGで、ビアンコ(白)・セッコなら基本的に失敗はありません。(あと有名なのは、エストエストエスト。あくまで白は無難においしい。)いずれ規格と良いワインの見方は詳しく書きますね。ちなみに、フラスカーティなら現地で400円もしないのに、日本だと三倍くらいする(それでも安いほうだけど)。日本ってワイン高いですよねって当たり前か。

 で、本題。今回も小説を更新いたしましたー。第80本目の小話【 揺り籠はひとつ 】をUPいたしました。右記のリンクからお話が読めますので、お気軽にポチッとどうぞ! ⇒ 【 揺り籠はひとつ 】を読む (PC・モバイル端末等より閲覧可能)。

 ちなみに、ワインの話ではない(苦笑)。とうとうプチ小説群も80本目になりました。この調子で三桁いきたいな……これからもがんばります、創作と更新。
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2013-09-18 00:03 | 小説作品更新情報 | Comments(0)
旧アッピア街道でまったり a Roma
b0206901_13403220.jpg ローマ好きも中級レベルに至ると、きっと歩いてみるのだろう旧アッピア街道(Via Appia Antica)。ちなみに私はそういう知識皆無でローマに住んでいたのですが、実は常日頃歩いていた道がアッピア街道と旧アッピア街道だったという。マリナにも、ここは必須! と連れて行かれたスポットでもあり……今回は軽く「旧アッピア街道」の観光話です。

 早速、写真一枚目、チェチリア・メテッラの墓(Tomba di Cecilia Metella)。旧アッピア街道沿いにある、紀元前1世紀頃に建てられた巨大霊廟(大富豪の執政官の息子クラッススの妻の墓)。このあたりは、彼女の墓以外は野っ原みたいな場所なんですが、マクセンティウス帝の競技場と館が近くにあったり(ナヴォーナ広場のオベリスクは元々ここにあった!)、有名な貴族のヴィッラ(屋敷)の遺跡があったり、4世紀末くらいまでのお洒落地帯だったわけです。

 しかし、今はただの野原……一応発掘中らしいですが、正直古代ローマ帝国が好きじゃないとこのあたりの観光はかなりつまらないかも。私的に旧アッピア街道沿いの廃れ具合は、今昔の落差をたまらなく哀愁を感じてとても良い。ちなみにローマの建築物というのは、霊廟(墓)から、人んちになったり城塞になったり捕虜を閉じ込めるでかい牢になったり……日本では考えられない活用をされます。なので、古代建築ほど、歴史で順を追うとおもしろいです。

b0206901_13404489.jpg 例にもれず、チェチリア・メテッラの墓も11世紀には隣接して貴族の城が建てられ、墓は塔として使用されました。欧州ってすごいな(笑)。大体墓を数世紀後に家にして住んじゃうテンションがファンキー……本当に死者敬ってらっしゃる? っていう。そんなローマの人間らしい生臭さが好きなんですけどね。

 写真二枚目は、わかりにくいですが……ここもマニアックな浴場跡の入り口。名前はわかりませんが、旧アッピア街道の行き止まり(工事による)の手前にあったところです。もうマリナですらわかっていなかった(苦笑)。歩けばなにかの遺跡に出会うのがローマです。あまりに多すぎて、住んでしまうとどうでもよくなってきます。後で、ここって有名だったの! みたいな感じですね。旧アッピア街道は奥に進むほど、車も通行するのがギリギリなくらいガタガタの石畳(石が大きくて隙間が広い)になるのでけっこう危険。

 あとは、旧アッピア街道はカタコンベとか何十万人収容しているのこの地域……というくらい墓だらけなので、妙にアレな雰囲気もあります。元々マリナとカタコンベめぐりをする予定だったんですが、結局アレなのでやめました(マリナも私も霊感的なものが以下略)。
b0206901_13421085.jpg 代わりに、写真はないですがカタコンベに近くにあるドミネ・クォ・ヴァディス教会(Chiesa del Domine Quo Vadis ?)に行きました。ここちいさな教会なんですが有名なところらしく、ものすごく西洋系の観光客が来ていらっしゃった。なんたって、イエス・キリストの足跡があるんですよ。そりゃキリスト教徒の皆さんは観に行きますよね……。(ちなみに写真はありません。いろいろあって個人的に教会の写真は撮らないようにしているんです。すいません……Wikiってください。苦笑。)

 一番観光し甲斐があるのはドミネ・クォ・ヴァディス教会なのかな。聖セバスティアーノ門からちょっと坂をのぼる感じで一キロも歩かず着くと思います。そこからカタコンベも近いし。ただ道が狭く車は飛ばしてくるわ、途中休憩場も食事処もほぼなく、当然トイレもないのでご注意。

 がっつり、旧アッピア街道沿いをチェチリア・メテッラの墓をふくめて眺めたい! という場合はアルケオバスがアッピア周遊専用観光バスです。黄緑のバスで、始点終点がテルミニ駅だから使いやすい。チェチリア・メテッラの墓のバス停もあります(私とマリナが車で観光していたときに、バス停を見つけてバスが通ってとまったのも確認)。詳しくは、公式サイトのコチラ(TRAMBUS OPEN、英語・伊語のみ)へ。アルケオバスの時刻表もあります。

 最後に3枚目写真。マリナ宅、窓からの風景。なぜ今回、チェチリア・メテッラの墓をマリナと二人で推していたのかというと……マリナの家から見える遺跡だったからさ! 個人的すぎる旧アッピア街道のお話でした(笑)。いい家だよなあ、あそこ。
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2013-09-12 13:55 | 海外旅行のお話 | Comments(0)
イタリアンレストランと小説更新
b0206901_16953.jpg あっという間に9月ですね。暑いけれども。というわけで、小説更新のお知らせです。

 第79本目の小話【 焼きたて問答 】をUPいたしました。右記のリンクからお話が読めますので、お気軽にポチッとどうぞ! ⇒ 【 焼きたて問答 】を読む (PC・モバイル端末等より閲覧可能)。

 一応暦は秋になってきたので……秋の味覚の話です。この手のデザートでいうと、欧州では焼き栗かもしれないですね。町の中心あたりで即席の焼き栗やさんを見かけます。けっこうあまくておいしいです。日本のよりやわらかいイメージ。ちなみに日本式の焼き芋は見たことがない。でも、やったら人気がでそうな気がしなくもない。

 写真は、カステル・ガンドルフォのアルバーノ湖そばにあったお洒落リストランテ。とても雰囲気がよろしかった(食べてはないけど)。こういうレストランが日本にもあればいいのに、と思うわけです。日本も水資源豊富なんだから湖とか川のそばにこんなんあればお洒落なのに……いっそ畳でもいい。むしろ畳がいいなあ日本なら(その点、貴船は最強ですが)。そして、いつも拍手ありがとうございます。閲覧してくださる皆様にも感謝です☆
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2013-09-04 01:07 | 小説作品更新情報 | Comments(0)