<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
チェコ、プラハ行きの旅記録*03
b0206901_231264.jpg 前回のプラハ写真(コチラ)もあわせて、チェコのお話最終回です。ちょっと東欧の話も絡めつつ、今回もはじまりの写真は聖ヴィート大聖堂です。

 この内部にある、ミュシャのステンドグラスはやっぱり写真よりも現物が一番(前回の写真にあります)。迫力と彩度が違う。写真だとおさまりきらないというか……実物はものすごい大きいんです。よくこんなんつくったなあ、というくらいです。イタリアでも広い教会の壁画とか散々観ましたけど、ガラス絵は透過するので光の屈折が違うんですよね。太陽次第で印象が変わるので、何度観ても飽きず素敵です。

 よくよく考えてみると、ローマにステンドグラスをしっかり使った教会ってない気がします。こちらの大聖堂はミュシャのステンドグラスの他にも、たくさんステンドグラスがあり(制作年代はより古い)、美しいバラ窓もあります。ステンドグラス好きには本当にたまらない。一押しはボヘミアらしくガラスアートですが、他にも大聖堂には見ごたえのある部分は多いです。
b0206901_232855.jpg 特に写真2枚目の、聖ヴィート大聖堂外観。ものすごい気合の入ったゴシック様式です。ゴシック建築が好きなら外観を一日見ていても飽きないと思います。私も詳しくは知りませんが、観るかぎりいろんな時代のゴシック様式がまざっている印象があります。なにか独特なんですよね。中も外も見飽きない大聖堂ってなかなかないですよ。とても個性を感じます。

 プラハはかなり平坦な街で、高台にあるのがプラハ城です。この大聖堂も内包している城に行けば街が一望できます。城から街へ下る階段の景色はとても好きですね。

 その景色が、写真3枚目にあたります(記憶が正しければ・苦笑)。左端に細く下る階段が見えますが、ここからモルダウ川の通る旧市街中心部に向かうわけです。この階段は眺めもいいし雰囲気もいいし、なんかもう自前のロリータ服を着て駆け下りたいくらい(笑)。

 さて、プラハの行き方について。弟は、チェコの国際空港からバスと地下鉄を利用したそうです。空港から旧市街への直通バスがないので、一番楽なのはタクシーを使うパターンですが……値段の面でやさしくはありません。
b0206901_2324780.jpg 一方、チェコの公共機関は比較的安全みたいなので、タクシーを使わなくてもいいと思います。バスは地下鉄駅に接続している市バスを利用します(駅に接続している線はいくつもあるので、事前に調べるのもいいし現地でチケットを買うときに訊くのも有。とりあえずわからなかったら店のひとや中年のおばちゃんあたりに訊くこと。そのため、せめて活用頻度の多そうな英語フレーズは覚えておいたほうがいいです。これ個人旅行の鉄則)。

 バス→地下鉄をおすすめするのは、一日券を買えば市バス・地下鉄・トラム全部使えるから。かなりお得です。ちなみに弟いわく、空港から中心部に行くまで一時間はかかるとのこと。一日券などの交通チケットは空港で簡単に買えるようです。

 あとは中心部に両替商が少ないとのことなので、到着ロビーに着いたら両替→一日券を買う、というのがいいのかも。空港の両替所が一番レートはいいらしいです。ちなみに、チェコは独自通貨の「コルナ」。チェコでしかキホン使えないので、大金を両替すると余ったときに面倒かも。クレジットカードとの併用を想定した両替をおすすめします(100円でもカード使えるところはカードで切るくらいの意気込みで・笑)。
b0206901_234253.jpg また、プラハで日本円→コルナの両替ができるかはあやしいので(できても少ないはず)、予備でドルかユーロ札をつくっておくのは大切です。いざとなったときは使えるので(残って帰国しても次回の旅に使える国際通貨ですから)、ドル・ユーロ札は準備しておくのはおすすめですね。

 次に、チェコの食事。……簡単に言えば、とりあえずビールです。もうどえらい大きさのビールジョッキでがぶがぶ飲む。そして腸詰のブルストとマッシュポテトがあれば完成です。私はそれで翌日胃腸を壊して高熱を出し、散々な目に遭いました(笑)。それからアイルランドで本場のギネスを飲むまで、ビール嫌いになったという……ブルストは今もそんなに好きでないですね。好きなひとは好きだと思いますが、チェコとドイツ料理は正直私のトラウマです(笑)。

 全体的に味が濃くて重いんですが(大抵日本人から見て欧州料理はそうですが)、ただフィッシュ&チップスみたいにギトギトの油はあまりないかな。写真4枚目の弟のように、お洒落な料理とビールを選べばいいんです。弟は食道楽なので、肉とポテトの中でも一番美味しそうなのを選んだみたいですが、やっぱり味が濃くて重そう。ビールがあってこそ、調和するんでしょうね。ビールありきの料理が多い気がします。
b0206901_2335116.jpg つまり、チェコ料理はビール嫌いには比較的過酷かもしれない(苦笑)。チェコってビール消費量トップクラスですもんね。本当にそんな感じ。野菜をとるならスープとかピクルスですかね……まあ欧州のビネガー料理が苦手だと過酷度は増しますよね(私もはじめは大嫌いでしたが、イタリアに住んで克服しました)。でも、おいしい料理はあると思うので、行ってから探してみるのは楽しいと思います。

 最後に、チェコ土産についてですが、私が行った10年くらい前に比べて物価は確実にあがっているようです。特に観光国にうまく生まれ変わったみたいなので、お土産はそれなりに高くなっているかも。ボヘミアンガラス(ピアスとかグラスとか)と民芸人形とか? あとはやっぱり国を代表する絵画アーティスト、ミュシャ関係のものでしょうか! ミュシャの絵を施したハガキとかメモ用紙とかアートブックとかマグネットとか探せばあるはず。ひとにあげるならその手のものが配りやすいと思います。ボヘミアンガラスよりは確実に安いし(笑)。私が訪れたときは、ボヘミアンガラスのピアスを買いました。

 もうひとつ自分用の土産として、個人的にどの国でも「これは買う!」というものがあります。次回は私が自分で買ってきたり、旅好きの弟にお土産でお願いするものを紹介しますー。(ラスト写真は、プラハの旧市街広場。奥はヤン・フス像。天文時計もその広場にあります。)
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2013-10-23 23:20 | 海外旅行のお話 | Comments(0)
チェコ、プラハ行きの旅記録*02
今回は、大判プラハの写真をどうぞ。早速、旅行で観たかった本命のミュシャの作品です。

b0206901_11304227.jpg
1枚目、アルフォンス・ミュシャのステンドグラス(聖ヴィート大聖堂)

b0206901_1131347.jpg
2枚目、大聖堂内部、バラ窓。

b0206901_11312411.jpg
3枚目、旧市街広場にある天文時計。

b0206901_11314520.jpg
4枚目、プラハの街並み。次回はプラハ旅行話の続きです。

[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2013-10-18 11:42 | 海外旅行のお話 | Comments(0)
チェコ、プラハ行きの旅記録*01
b0206901_0244270.jpg 欧州へ旅行するのが最も楽しい季節。それは秋! さて、今回からぼちぼちチェコとその周辺の旅話で秋を深めていこうと思います。チェコについては個人的に思い入れがある、というかはじめての海外旅行で行った国のひとつ。

 なので私からすると、けっこう前の思い出話になっちゃうわけですが、このたび登場する旅のお写真は実弟さんが最近チェコへ行って撮ってきてくれたものなのでかなり新しいものです。というわけで、今回は弟の旅行話(チェコ・リトアニア・ラトビア・エストニア)を中心とした旅の記録です。えーと、興味ある方はどうぞ(笑)。第一回チェコの首都プラハについては、私も行ったことがあるので、姉弟それぞれの視点での話になります。

 早速の写真1枚目は、聖ヴィート大聖堂を遠くに望むプラハ歴史地区。弟が撮ってきた写真は数十枚ありましたが、見たかぎり私が行った約一〇年前とあまり雰囲気は変わっていないかな。ただ、私が行ったのはチェコがスロヴァキアと分離して一〇年ちょっとしか経っていなかった頃なので、まだ共産色が強かったというか、そんなに手がはいった感じがなかったです。現在は身綺麗になった完全に観光都市という感じですね。
b0206901_0213663.jpg 写真2枚目は観光メインのひとつ、街の中心部をぶっちぎるモルダウ川にかかる橋、カレル橋です。プラハの観光は歴史地区を徒歩で散策するのがベスト。中でも押さえなければいけないスポットは、このカレル橋、プラハ城と聖ヴィート大聖堂(同敷地内)、中央広場にある天文時計です。

 実弟がでかけたのが七月のバカンスシーズンだったため、写真のとおり観光客がかなり多い。実際ものすごい人だったようです。日本人観光客もひじょうに多かったとか。秋は旅にベストだと思いますが、チェコは北半球でも上のほうなので私が行った十月中旬だと平均気温が10℃くらいで正直寒い(苦笑)。夏だと日暮れも22時頃だろうし、まあベストなのかもしれませんが、観光客多いと疲れます。個人的には多少寒くても閑散期のほうが好き(春もイースター休暇でまた観光客が大集合する欧州)。

 プラハの観光スポットは歴史地区に密集しているので、海外旅行初心者でも一人で歩きまわれるほど楽です(でも路地とかには注意)。実際にプラハは夜歩いていてもあまり危険は感じませんでした。女子一人の欧州旅行なら、プラハを候補に入れてほしいくらいです。イタリアの場合は……特に南の地域は、相当イタリアの残念な部分をよく知っている(憧れていない)+知識豊富(イタリア語ができればベスト)+旅慣れていないと女子一人旅はなんて末恐ろしいことさせたくない(苦笑)。
b0206901_0221980.jpg
 さて、プラハという街は、イタリアの都市や町と違って妙に色が暗いです。いい意味で味があるというか、西スラヴ色というか、ボヘミアンというか、なんといえばいいのかわからないんですが中世の雰囲気が色濃いんです。イタリアよりもその点はタイムスリップした感が強いと思います。私のチェコ旅行では、同時にハンガリーとスロヴァキア(とウィーン・ベルリン)も行ったのですが、もうこの二国も旧共産圏の古びた感じがたまりませんでした。

 初海外旅行が東欧周遊だったというのは珍しいほうだと思いますが、……私の最初に降り立った欧州がなんせ寂しい印象の東欧なので、どうしてもスタイリッシュで綺麗な西欧とか実はあんまり興味がでない(苦笑)。私のヨーロッパのイメージをつくってくれたのは、このプラハといっても過言ではないかもしれません。写真も妙に暗い感じだし。でも、プラハは街全体で歴史の奥行きを感じられる観光都市なので本当にいいですよ! というか、旧共産圏の国はどこでもいいから一度は見たほうがいいと思います。歴史がじかに学べます。

 話は戻って、写真3枚目はプラハ城正面。ものすごい人だかりですが、兵隊の交替時間だった模様。
b0206901_0224686.jpg
 プラハ城の敷地は広く、聖ヴィート大聖堂や博物館など主要な館を網羅しているので、ここに行ってしまえばプラハの観光は半分終わる感じです。はじめ訪れたときは、塔の多いプラハのわりに城はマンション仕立て!?と思ったのですが(欧州へ旅行するまで、城といえばディズニーのシンデレラ城とかヴェルサイユ宮殿みたいな庭付きを想像していた。笑)、……プラハの王宮というのはこういう感じなのであります。

 あとは写真4枚目が、見落としてはいけない場所。王宮正門の手前に広がっている、石畳で有名なフランチャヌィ広場です(つまり、3枚目写真はそこの広場から正門を撮っている)。ここは日本車のCMや海外映画のワンシーンでかなり頻度よく使用されているところです。なので、フランチャヌィ広場に立つと妙な既視感を覚えます(笑)。高台になっているこの広場からの景色はかなりいいです!

 プラハの歴史地区はイタリアより石畳でしっかりつくりこまれた町かも。ローマの石畳とかガタガタですからねえ……間違ってもピンヒールとかハイヒールは履いてこないほうがいいです。でも、ぺったん底の靴も足裏が疲弊するので、靴底がしっかりした靴が一番いいのかな。なんか安物の靴だとすぐ壊れるんですよ。石畳は靴をダメにしやすいんでしょうか。
b0206901_023383.jpg
 さて、この王宮の中には、なんと現大統領府が在しております。大統領府が観光名所。しかも城の敷地内に大聖堂があるのも珍しいほうだと思います。本当にチェコの主要なものが結集しているからこの城はすごい。個人的には東欧=ハプスブルグ家、プラハといえばアール・ヌーヴォーを代表する画家アルフォンス・ミュシャ様なんですが……。

 実はこの大聖堂に、ミュシャがつくった伝説のステンドグラスがあるんでございます! わーいミュシャ好きは超必見! 絵画は日本に持ってこれても、ステンドグラスははめこまれているので、もう観に行くしかない。実弟がプラハへ赴いたのも、大のミュシャ好きが嵩じたせいでした。もう私たち家族はもうミュシャのステンドグラスさえ観れればプラハ観光はご満悦なのであった(笑)。ミュシャのステンドグラスは一見の価値があります。こんなふうにガラスでデザインできるんだーと、目からウロコが落ちたくらいです。

 そのステンドグラスの写真は後日UPいたします。ラスト写真は聖ヴィート大聖堂、横から眺めた姿でした。つづきます。
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2013-10-09 00:47 | 海外旅行のお話 | Comments(0)
次の国の写真と、小説更新のお知らせ
b0206901_061576.jpg 秋っていい季節ですよね……春眠暁を覚えず、という言葉がありますが私はスギの花粉症持ちなので、どちらかというと秋眠暁を覚えずかもしれません(笑)。ワインも食べ物も美味しい季節。

 というわけで、のっそりと小説更新のお知らせです。第81本目の小話【 L'orizzonte 】をUPいたしました。右記のリンクからさっくりお話が読めますので、お気軽にポチッとどうぞ! ⇒ 【 L'orizzonte 】を読む (PC・モバイル端末等より閲覧できます)。

 ちなみに、今回もワインの話ではありません(苦笑)。なにかこう、海っ子の私は定期的に海が見たくなるのかも……と書きながら思いました。「L'orizzonte」(ロリゾンテ)は、イタリア語で、水平線・地平線、(将来の)展望とかそういった意味になります。「L'」はイタリア特有の定冠詞。本物の地平線に沈む太陽は中東の砂漠で見ましたが、恒星そのものの美しさがそこにはありました。

 いつも拍手をいただき、ありがとうございます。閲覧していただくだけでも嬉しいです。睡魔に負けずがんばります……そしてイタリア語の話を出したのに、次回はなんとイタリアじゃない国のお話です! 写真にある国旗を見れば、その国は一目瞭然であります。そういえばプラハの春で有名ですね。私が行ったのは、例にもれずやはり秋でした。うーん、私にとって、秋といえば旅行なのかもしれない。
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2013-10-02 00:08 | 小説作品更新情報 | Comments(0)