<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
バルト三国を巡る。エストニア編【06.last/photo】

バルト三国、最終回はエストニアの首都、タリンです。詳細は、おもにコチラからいろいろどうぞ!
b0206901_1433686.jpg
観光地の写真を紹介。1枚目、聖オレフ教会と通りの風景。

b0206901_143506.jpg
2枚目、アレクサンドルネフスキー聖堂。

b0206901_144488.jpg
3枚目、トームベア城。

b0206901_1441659.jpg
4枚目、ヴィル門。

b0206901_1443582.jpg
5枚目、ふとっちょマーガレットの塔。(本当にこんな名前で呼ばれている様子。)

b0206901_1444835.jpg
6枚目、城壁の塔。塔が多いみたいなので、登って街並や海を眺める散策がいいのかも。
というわけでバルト三国話は最終回。長々としちゃいましたが最後までお付き合いくださり、本当にありがとうございました~!

[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2014-01-24 14:14 | 海外旅行のお話(弟編) | Comments(0)
新年イッパツ小説更新+エストニア写真
b0206901_17415844.jpg 遅くなりましたが、明けましておめでとうございます! といっても、2014年も24分の1が過ぎていますが……お忙しい中、当ブログへごご閲覧ならびに拍手をくださいまして誠にありがとうございます。

 2014年も、コチラのオリジナルのちょこっと創作劇場ともども「GOSUiRO」を宜しくお願いいたします! どうぞご贔屓を、よろしくどうぞ!(大事なことは二回いry)

 今年はいろいろしていきたいなと思っています。がんばります。とりあえず創作。早速ですが、2014年新年1本目に小説更新をぶっこみますですどうぞ。

 第86本目の小話【 明ける夜 】をUPいたしました。右記のリンクからさくっとお話が読めますので、お気軽にポチッとどうぞ! ⇒ 【 明ける夜 】を読む (PC・モバイル端末等より閲覧できます)。

 新年、初心に戻ったかんじのお話です。私の書くやつは女の子が主人公になることが多いんですが、こんなやつだけじゃなくてNLGLBL問わず書くのは楽しいので……でも、思春期という響きは特に好きかもしれません。独特の青さというか、鋭利さというか、なんというか。

 ずいぶん前、高校生だったある日にサガンの「悲しみよこんにちは」の主人公は私だと気づいたあの瞬間から、この呪われた感覚に永遠に呪われるんだろうなと思っています。あと最近、三島由紀夫の「午後の曳航」を読んで、フランス文学かこれは? と思った私もいます。「金閣寺」よりこっちのほうが格段にすごい才能の極みだと思うんだけど……でも日本人には「金閣寺」のほうが心情的にあうのかな(苦笑)。

 写真は、次に紹介するエストニアの首都タリン。奥にバルト海が見えますね。終の棲家は、海が見えるところがいいなあ。そんな感じで、今年は元々手持ちだったタイトル「fermata gate」に戻そうかちょっと考えはじめているところです。
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2014-01-16 18:06 | 小説作品更新情報 | Comments(0)
バルト三国を巡る。ラトビア編【05/photo】

ラトビアの首都、リガの様子。(詳しくは、コチラ。あわせてどうぞ!)
b0206901_0232079.jpg
リガの旧市街はこんな雰囲気。

b0206901_0234187.jpg
三人兄弟の家。寄り添うように並んでいるからだそう。

b0206901_0235887.jpg
ブラックヘッドの会館。

b0206901_0241584.jpg
リガ大聖堂内部。

b0206901_0243280.jpg
スウェーデン門。

b0206901_0244498.jpg
公園では、結婚式が行われていました。

次回は、エストニアの首都タリンです。

[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2014-01-11 00:28 | 海外旅行のお話(弟編) | Comments(0)
バルト三国を巡る。総集編【04】
b0206901_12241565.jpg バルト三国もお話編は今回がラスト! ラストなので一度に三国分まとめます。なんせ残り二国で深く語ることがない(苦笑)。ラトビア・エストニアの写真は後日ごっそりUPします。まずはリトアニアで残していた部分を紹介。

 写真1枚目、十字架の丘です。ヴィリニュスの中央駅から電車(鈍行か快速)で二時間くらいの位置にあります。ちなみに、弟は鉄道で前日チケットを買い並んでいるときに、地元のおじさんに「トラカイこっちだよ」と話しかけられ「ついでに俺のも奢って」と言われたそうです。しかもリトアニア語で(笑)。弟もノリでわかったそうですが。

 そんな彼は朝六時に出発して、電車内では若い地元の男子に話しかけられ道中仲良く談笑したそう。二人は友好の印にお互いの国の紙幣交換をしました。リトアニア男子的には、五千円札がすごく格好よかったそうで(紙幣に女性が印刷されていることがスゴイことらしい)……とはいえ「さすがにそれはやれんかった」と弟は千円札をあげたそうです(ちなみに、お互い札にサインをしたそうですが、リトアニアの子は「お札に字を書いたら普通は怒られるんだから、くれぐれも隠してよね!」と慌てて言ってたとのこと。なんかかわいい話。笑)。
b0206901_1224269.jpg 十字架の丘へは、シャウレイという駅から駅前のバスターミナルのバスを使います。インフォメーションに行って、十字架の丘に行きたいと言えば、バスの時刻表を無造作に渡してくれるとのこと(それこそ現地語で十字架の丘って言えばどうにでもなるらしい)。本数が少ないようなので、時間に余裕を持ったほうがいいです。ちなみに、バスターミナルで荷物は預けられるそう(預け賃は安いとのこと)。

 こちらへ向かう観光者が多いらしいので、ついていけば着けるよ、と弟は話していました。バス停からは徒歩20分程度。歩く方向はすぐわかると思う。標識はないけど道一本。それが、写真2枚目の道です。こりゃ道を間違えにくい景色である(笑)。

 ここでも弟は珍事件にあいます。地元警察にはじめての職務質問を受けたという失態(笑)。サングラスが怪しかったのか、もう見た目がアカンかったのか。私は普通の海外旅行で職務質問を受けた人を弟の他聞いたことがないわ……。

 十字架の丘は、もうそれしかないということなので観光所要時間はあまりいらないようです。ただ、日陰がないので夏は帽子と水必須。バスターミナルに戻ると、弟は事前予約していたバスでリガへ向かいました。
b0206901_1224415.jpg
 バスについては、事前予約するのがとても大切です(詳しいことは後日UPします)。シャウレイ~リガ間は人気があるそうで、満席になりやすいとのこと(バスは20人も乗らないくらいの大きさだった)。弟は後日リガ~タリンのバスで、予約していた時刻が間引きされて勝手に最終便にされたと憤慨していました。こういうことは起こりやすいので注意が必要です。

 ラトビアの首都リガへは約二時間ほど。中央駅のバスターミナルに着きます。ラトビアは以前まで通貨がラッツというものでしたが、2014年の元旦からユーロが導入されました! というナイスタイミングで、ラトビア・エストニアはユーロでOKです。

 リガ旧市街は中央駅に近く、そして小さいので三時間くらいあれば見回れるとのことです。また、半日あれば旧市街と郊外の有名な建築のところも見られます。観光スポットはリガ大聖堂、ブラックヘッドのギルド(写真3枚目)、三人兄弟の家(兄弟が肩を組んでいるように連なっていることから)、スウェーデン門、自由記念碑、建築好きにはユーゲントシュティール建築の建物たち(中ははいれないらしい)。あと前に紹介した猫の家(リンクはコチラ!)
b0206901_12245425.jpg 土産は、リトアニア同様に琥珀がおすすめだそうです。建築のセンスがいいと言っていました。リガは、私の友人イタリア人マンマのマリナちゃんも「おとぎ話みたいに綺麗な小さい街」と褒めまくっていたので……イタリア人の感性でもいい仕事をしていると思えるような歴史地区なんですね。

 そしてエストニアの首都タリン(写真4枚目)へは、リガの中央駅バスターミナルからバスで移動。こちらも事前予約、最終便は6時頃で、着いたのは一〇時頃だったそうですよ。タリンのバスターミナルからトラムで旧市街に向かうか、徒歩で30分程度。

 タリンの旧市街もこれまた絵本みたいに綺麗だったそうです。ただ、リガより生活感がなくテーマパークっぽいとのこと。あとは、ナイトクラブがけっこうあって、若者が楽しんでる感じだそうでした。ブラッドソーセージ(血の混じったやつ)はおいしくなかったらしい。

 マリナの話では、タリンは港町なので彼女が行ったときは夜中に女性のたちんぼ(意味がわからなかったら検索してください)が多くて、すごく嫌だったとのこと。しかもイタリア人が買ってて最悪な気分になったとか(苦笑)。港町はジェノバもそうですが、その傾向がありますのでちょっとご注意。

b0206901_1225599.jpg タリンの観光スポットは、ヴィル門、トームベア城、聖オレフ教会、ふとっちょマーガレットの塔、アレクサンドルネフスキー聖堂あたり。塔が多く城壁もしっかり残っているので、登れる塔は教会でも何でも登って、城壁と旧市街と海のコントラストを楽しむのがオツみたいです。ちなみに、ヘルシンキからタリンまでは船で2、3時間の距離なので、フィンランド旅行で一日だけエストニア観光するのもおすすめです。弟の使ったエストニア国際空港はとても綺麗だったとのこと。空港へ行く場合は、バスターミナルとは別に旧市街すぐから乗れるバスがあるそうです。一時間はかからないという話でした。

 バルト三国、最後は駆け足でしたが、弟の評価では食事と雰囲気と人間性はリトアニアが群を抜いてよかったとのことでした。三国は兄弟扱いされていますが、人種的には、リトアニアはロシア系、リガは国際色豊かで妙にドイツ的(リトアニアよりガタイ良し)、エストニアには人種が妙にモンゴル系っぽい(フィンランドとかぶる雰囲気?)という感じだったようです。バルト三国は一気にまわったほうが比較もできてより楽しめそうです。

 最後に……ここまでレポートにお付き合いくださりありがとうございました(なお、詳しい写真群が残っているので今後もよろしくどうぞ)。そして弟よ、長々とありがとう。でもまだクロアチアとポルトガル旅行が残っているので、またそこんとこよろしく(笑)。
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2014-01-03 12:48 | 海外旅行のお話(弟編) | Comments(0)