<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
【ROMA留学エッセイ番外9】土地に沿って生きる
b0206901_23311941.jpg
 超久しぶりにイタリアエッセイをお送りします。今回は、イタリアに住んで思った「食と文化」について。ちなみに、写真の後ろ姿は、マリナちゃん!(この写真、ブログにUPしてるのバレたら怒られるけど、彼女はここ知らないし日本語わからないからきっと大丈夫・笑) そして、前回の「英語に対する苦手意識」はコチラです。



 ローマに住んでいて、一度だけ風邪を引いたことがある。変調なくいきなり高熱を出したことにマリナは驚き(彼女宅に温度計はなかった)、とても心配してくれた。夕食をつくってくれると言うので、好意にあやかると彼女は支度の前に、こう口にしたのだ。

「風邪なら、良いチーズをすりおろさないと! 」

 体調の悪いときでも、チーズを食べる。むしろ、体調が悪いからこそ体力づけにチーズを食べる。マリナの発言を聞いて、「ここはイタリアだ」と当たり前のことを真剣に思ったものである。

 食文化は、その土地に基づいて生み出される。風土がその土地に生きる人々の食料を生むのだから、各国で食文化が違うのは当然のことだ。それは建築も同じだ。山ばかりで住める面積が少なく、多湿環境の国で石造りの文化は成り立たない。欧州の石造り文化は、夏が多湿ではなく大きな地震が多発しない欧州だからできたことだ(イタリアでは何度も大地震が起きたが、マグニチュード6くらいで街は壊滅寸前になった。石造りの伝統的な住居は地震にあわない)。建築と食は特に風土と深い関わりがある。

 豊かな海に囲まれた日本では、魚の種類も豊富であるし、海草類も多く食べる。肉食が根底にある欧米文化では、野菜を取り入れたところで食べ飽きるし、胃腸が弱い人には辛い。私も胃腸が弱く、ローマで何度も消化不良を繰り返しながら食生活を改善した。薄口で油を極力摂取しない食を中心にしたのだ。それから体調不良を起こすことはなくなった。

 イタリアから何度か一時帰国したが、その際にフレンチのレストランへ友人たちと食事に行ったことがある。そこで「イタリアに住んでいるからと言って、イタリアンなごはんを食べているわけではない。和食が一番ヘルシーだし、結局身体にあうのだ」という話題をしていたところ、テーブルに来たそのレストランのシェフが同調してくれた。彼もフランス料理を仕事でつくっているが、家では毎日和食だと言っていた。

 フランス料理に携わるシェフとイタリア生活をしている私が「和食が一番だ」とフレンチレストランで力説していたのもおかしな話だが、実際にそうなのである。日本食はヘルシーな食事として世界でも評価されている。ダイエット食で和食に勝るものはないのだ。海外(特に欧米)に住めば、それがよくわかる。

 元々和食は肉を食べないという基準で成り立った。肉を極力摂取しない代用として、日本では多数の大豆が生み出された。醤油、味噌、豆腐はかたちがまったく違うものの、どれも原料は同じ大豆である。イタリアで大豆のことをソイア(soia)という。醤油は大豆のソース(salsa di soia)と呼ばれ、味噌は正式には大豆を発酵させたパテ(pasta di soia fermentata)となるが、面倒なのでイタリアでも「ミソ」と呼んでしまっている。豆腐はそのまま「トウフ」だが、イタリア人の認識では「植物性チーズ」となる。

 豆腐をチーズと呼ぶ発想に私はついていけなかった。しかし、彼らの言いたいことはイタリアに住んでいてなんとなくわかる。確かに、イタリアで売られている豆腐は、フレッシュ系チーズと雰囲気は似ているのだ。乳製品アレルギーを持つ人はイタリアにもいる。彼らが食べられるチーズは植物性のものにかぎる。すなわち、植物性のチーズ=豆腐という感じの認識なわけだ。

 豆腐がチーズの仲間になるというのは、日本人には信じられない話だが、イタリアではその認識がある。中国系レストランのメニューにもところによっては、豆腐をチーズと称して書いてある。物珍しいチーズかもしれないと注文すれば、なんてことはない普通の豆腐がでてきたということも起こり得るのだ。

 日本では、昔からたんぱく質を大豆で取る習慣がある。一方、食物繊維は海藻で取っている。たとえば、おなかが空いたときにトコロテンを食べる週刊をつければ良いダイエットになる。トコロテンは元は海藻で、ほとんどカロリーがないからだ。

 こうした食物繊維を、イタリアでは何で取っているのだろうかと私は疑問を感じていた。日本であれば、海藻の他にコンニャクもある。食物繊維を摂取できる食品が日本には数多くあるのだ。海藻やコンニャクのような食品がないイタリアでは、何をとっているのか。マリナに聞けば「フィノッキオが一番簡単だ」という返答がきた。

 フィノッキオは、日本で言えばフェンネル(ウイキョウ)の根だ。セリ科らしく、においがきつく雰囲気は太ったセロリに近い。フェンネルのハーブティーは消化を助けるものとしてイタリアの家庭では一般的なものだ。同じように生のフェンネルも消化を助けるということで、生でそのまま野菜スティックのようにして食べる。あまりにクセがあるにおいと味で、私もはじめは食べられなかったが、次第に慣れて好きになった。食物繊維が多いので食べ過ぎると胃もたれするが、カロリーはあってないようなものなのでおやつにはちょうど良い。

 マリナは「食物繊維をとるために、日本で海藻を食べるようにイタリアではフィノッキオを食べるのよ」と、言っていた。イタリアでも海苔などを食べるようになってきているが、生フェンネルのほうが身近に食べられるだろう。なんせ通年で売られていて、けっこう安いのだ。

 「土地が食文化を育てるの」

 そう言ったマリナの台詞に私も強く賛同している。世界での流通網が広がり、他国の食文化を簡単に取り入れることができるようになった。しかし母国の食を見直すことも大切だろう。日本で和食が現在のようになったのも、土壌と文化と海が関係しているからだ。

 なぜ各国でこのように食文化がそれぞれ異なるのかを、歴史や風土から学んでみることもおもしろいだろう。スローフードも、その土地で生まれた食を学ぶ(尊重する)という意味合いがあるのだと私は思っている。少なくとも、日本食を少し学んでいたほうが海外に出て喜ばれる。日本料理を提供できるパーティなどを開けば、ものすごい喜ばれるのである。

 イタリアでは魚料理もポピュラーだが、日本のように生で食べる習慣はほとんどない。海が近いのに、魚の鮮度を維持しながら保冷し提供するというシステムが構築されていないのは残念なことだ。ローマの市場に出る魚はすでに臭みがでていることが多く、日本料理には適さない。

 私の友人にイタリアに長く在住している方がいる。彼女は高級レストランに足を運ぶことがしばしばあるようで、そうしたところではイタリア料理でも新鮮な魚料理にありつけることがあるという。そうした魚料理のおいしいレストランのコックを意識して見ると、大抵日本人コックを見つけるというのだ。イタリア人だらけのレストランでも厨房に日本人コックがいれば、魚料理は確実だと思ってしまうし実際においしい。

 それは、日本が魚の扱い方にたいしてトップレベルであり、どれだけ魚のことをあまり知らない日本人でも、外国の人(漁業地域はのぞく)よりは鮮度や味に詳しいということだ。日本に住んでいると気づかないことだが、魚に対しての最低基準が日本は元々高いということだ。あのひどいイタリアの魚の取り扱い法(特に流通網)を、日本で採用したら間違いなく暴動が起きると思う。日本人も食に関してはなんだかんだうるさい民族なのである。
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2014-09-30 23:33 | ROMA留学エッセイ | Comments(2)
99回目の小説更新お知らせ
b0206901_0373472.jpg ご閲覧ならびに拍手と本当にありがとうございます。すっかり秋ですね。この季節といえば、私の中で梨と金木犀の季節。桜もいいけど、秋も素敵だ日本。

 というわけで、第99本目のお話【 新しい鉢 】をUPいたしました。右記のリンクからこちらのお話が読めますので、お気軽にポチッとどうぞ! ⇒ 【 新しい鉢 】を読む (PC・携帯電話などから閲覧可能です)。

 とうとうリーチです。99作目までやってまいりましたイエイ。こつこつ書いて、ここまでいくもんなんですね。よくネタを搾り出してきたなと自分でも思う(笑)。

 で、今回は99番目の夜にふさわしく(ネタがわかるひとは略)、そういう系統のお話です。こういう類のお話が個人的に大好きですが、「新鉢」の意味がわからない方はぐぐってみてください。素敵な単語ですよ。こういう用語を延々と一日探す旅に出たいです……。

 さて、小説集については次回が満を持して100回目。いろいろ練っております。そして今回のお写真は、飛行機の話をしていたのでとある国の空港でございます。奥に空港名が書かれていますが……秋からこちらの国の旅行記でもしようかなーと思っています。
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2014-09-21 00:43 | 小説作品更新情報 | Comments(0)
欧州のLCC活用法と日本のLCCとの違い
b0206901_1201092.jpg 前回が欧州におけるバス移動についてでしたが(コチラ参照)、バスより正直使い勝手のいいものが最近はございます。それがLCC。欧州ではLCCを活用して旅行するのが一般的かな。日本でもLCCが登場したので、旅好きの私はどこでもLCCと長距離バスをフル活用です。

 まず、日本のLCCの乗り心地から説明して→欧州LCCの話をしていきます。今回モデルに活用するのは、ジェットスター航空(jetstar.オーストラリア系)。欧州LCC慣れしていた私からみて、LCCが日本社会に適応するか不安でしたが……ジェットスターはだいぶがんばっていると思う。特にライアンエアーを乗った私からすると、ジェットスターのサービスは偉いし安い!

 ★ http://www.jetstar.com/jp/ja/home by jetstar

 ジェットスターのリンクは上記です。写真2枚目は、成田空港のジェットスター窓口(第2ターミナル2階)。基本はネット上で決済をしてから前日にチェックイン、もしくは写真の真ん中にある機械でスムースチェックイン。荷物を預ける場合は窓口チェックインなので並びますのでご注意なのですが、……ジェットスターは手荷物のサイズ検査がそんなに厳しくありませんでした。ライアンエアーのトラウマがある私からすれば、これだけでも良心的だと思います。
b0206901_119395.jpg ただ、チェックイン締切とかもろもろが厳格で、ちょっとのルーズなら許しちゃう日本の気質にはいささか不評かもしれません(1分過ぎただけでも乗せてくれない)。指定席なのもいいですね。日本のLCCを実際乗って大丈夫であれば、欧州LCCはより質が悪ことを念頭にいれて試す価値ありです。日本のLCCもダメなら金積んでください(苦笑)。

 あと、成田空港LCC利用で一点補足。成田空港の国内線ターミナルのすぐ近くにカードラウンジがあります。ゴールドカード等特権を持っている方は、LCCの航空券でもラウンジでくつろぐことができるのでおすすめです。入口は写真3枚目。第2ターミナル2階のジェットスターカウンターから、国際線出発口のほうへ戻って、レストラン街などがはじまる手前です。トイレの隣にあるのでわかりやすいです。私はかならず活用します。

 さて、欧州のLCCとの比較ですが、あの悪名高いライアンエアーと比較しましょうか(笑い)。まずライアンエアーは自由席上等ですので、乗り口は長蛇の列。その前のチェックインはカウンターです。時間がかかります(3時間前くらいに行ったほうが無難)。そして、持ち込み荷物の重量が超厳しいです。1キロごとに2000円くらい毟り取られたような気がします。しかも、搭乗口の寸前で抜き打ちチェックをはじめるんです! そこで大金支払っていたりもめたりしている人多かった。これが遅れる原因じゃないかと思うくらいでしたよ。
b0206901_1195191.jpg
 日本のLCCは、そういった不便さやイライラさはあんまりありません。イージージェットも指定席になったみたいなので、比較的安心感がでできましたね。あと、日本と欧州の違いは飛行時間の長さでしょうか。欧州を空路で行き来するため、国と国をまたぐときは3時間以上がザラです。LCCはシートが狭いので3時間超えるとちょっとツラくなってくるかも。

 ただ、航空券の料金は欧州のほうが異常に安く感じます。過去にイタリア~アイルランドを利用したときは、半月前くらいにチケットを押さえて往復120ユーロくらいだったはず。時間に融通が利いて格安で欧州をまわりたい場合は、本当に活用できます。

 個人的に欧州LCCで良心的だと思うのはイージージェットです。もうひとつイタリアのLCCも乗ったことはありますが、経営破たんしていますたぶん(LCCの怖いところは突然の経営破たんといえますが)。ブエリングは個人的にいつか乗ってみたいLCCです。バルセロナ大好きー! 主要LCCのリンクは下記です。

★ライアンエアー(ryanair.アイルランド系) http://www.ryanair.com/

b0206901_1192942.jpg★イージージェット(easyjet.スイス系) http://www.easyjet.com/

★ブエリング(vueling.スペイン系) http://www.vueling.com/en

 LCCもネット予約が基本なので、日本で事前予約しやすいです(英語必須ですが)。その代わり、LCCが使えなかったときのための、予備の列車・バスルートも考えておくことは大切です。何事も欧州は日本のようにスムーズにはまったく行きません! 旅行するときも、何かあってもいいように余分な予備日を一都市分つくっておいたほうがいいですね。

 そして、最後に……ここまで読んでくださった方のために、すごく良いサイトを教えます(笑)。それが下記リンク、世界の航空料金が比較できるサイトです。下記のものはイタリア語版ですが、右上にイギリス版、アメリカ版など各国用のトップページへいけるスクロールがあるので、是非活用してみてください。私はこれで検索しながら「ライアンエアーが正規より三分の一の料金だから、使うしかないか」とか考えつつ旅の計画を立てています(笑)。

http://www.volagratis.com/
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2014-09-10 01:43 | 海外旅行のお話 | Comments(0)
夏休み明けの小説更新のお知らせ
b0206901_2493995.jpg 夏休みは終わりましたが、私に夏休みはなかったし12月まで間違いなく忙しいんだな(笑)。というわけで、小説更新のお知らせです。

 このたび、第98本目のお話【 ペーパーバッグ 】をUPいたしました。右記のリンクからこちらのお話が読めますので、お気軽にポチッとどうぞ! ⇒ 【 ペーパーバッグ 】を読む (PC・携帯電話などから閲覧可能です)。

 主人公が思い出す「ペーパーバッグ」という曲は実在します。正しくは『paper bag』で、フィオナ・アップル(Fiona Apple)の中でもだいぶ有名な曲。歌詞が絶望的というか悲惨すぎて、学生時代に彼女の曲はとってもお世話になりました(苦笑)。ハッピーな歌詞も好きですが、やっぱり悲しかったり切なかったりやりきれない歌詞のほうが胸に残るんですよね。

 この歌詞はふとある事に思い出されます。でも、主人公の考えているように逆説的に考えられるようになったかな。ちなみに、CD買ったのに唯一これだけ中身がどこか行ったという悲しい名盤でもあります……どこ散歩に行っちまったんだろうか早く帰ってこい。

 『paper bag』の曲リンクは「 コチラ 」です。是非一度聴いてみてください。心沁みますよー。

 最後に月並みですが、拍手と閲覧いただき本当にありがとうございます。次回もたぶん乗り物関係のお話です。(南イタリアの夕方って、なんか乾いた切なさがあっていいですねーみたいな写真。)
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2014-09-01 02:51 | 小説作品更新情報 | Comments(0)