<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
長編小説、最終話更新のお知らせです!
b0206901_2220534.jpg ご閲覧と拍手をたくさん本当にありがとうございます。海外旅行+海外生活と小説更新中心でのんびりやっているブログです。が、今回ようやくひとつの区切りです。

 このたびは、連載していた長編小説の最終話更新のお知らせです!

 ずーっと連載中の『 下がり葉の猫 』が【 最終話(第28話) 】! とうとう更新いたしました。右記のリンクからお話が読めます。お気軽にポチッとどうぞ!! ⇒ 【 下がり葉の猫、最終話(第28話) 】を読む (PC・携帯電話などから閲覧可能です)。

 全28話、本当に長々とお付き合いありがとうございました! 最終話だけ一人称です。はじめて書いた長編だったので、思い入れがあります。それ以上にイタリア在住の末期に書いた物語でもあって、日本という国や文化にたいする愛情とか、欧州の好きなところ、別れの先に進むことについて書きたいことを書いたな、と(笑)。

 写真は住んでいた友人のマリナ宅のお部屋。こないだパスクア(復活祭)メールで、電話くらいは頂戴と書かれていました(苦笑)。近々ローマは行く予定ですよ。弟が先にベルギー行きますけど(危険)。

 ★★商業デビュー小説『ラ・エティカの手紙』(大洋図書/BL)は各書店やアマゾン等で絶賛発売中です。ご興味ある方は是非、下記へどうぞ! ◇大洋図書公式サイト 『ラ・エティカの手紙』特集ページ ⇒ コチラ
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2016-03-29 22:22 | 小説作品更新情報 | Comments(0)
ポルトガルを巡る旅!10-1「避暑地シントラ01(リスボン番外編)」
b0206901_23532131.jpg リスボンを旅行中、小都市を訪れたいなーという気持ちに応えてくれる街があります。それが、シントラ という元貴族たちの避暑地。ローマでいうところの、カステッリ・ロマーニみたいなとこでしょうか(有名なのはフラスカーティ。ちなみに教皇の町カステル・ガンドルフォに遊びに行ったときの話はコチラへ!)。

 今回は、世界遺産にも登録されているポルトガルのシントラ Sintra について。

 早速、写真1枚目はペーナ宮殿 Palacio nacional da Pena。シントラの町の山頂にあるお城です。見るからにテーマパークのゴテゴテな城ですが(笑)、元は修道院だったそう。 リスボンの地震で荒廃した際、ときの王が夏の離宮にすべく再建しました。彼の好みで、ゴシック建築・ルネサンス様式・イスラム様式・マヌエル様式などあらゆる様式を使ったせいで……こんな類まれな城になりました。ペーナ宮殿は内部に入ることも可。料金は夏季・冬季で違うらしく、冬季は11.5ユーロと公式サイトにありました。夏季はそれに3ユーロくらい上乗せかな……。
b0206901_2353278.jpg ついで、写真2枚目は、ムーアの城跡 Castelo dos Mouros。ペーナ宮殿の手前にあり、小高い山に沿って築かれています。7~8世紀頃この土地に住んでいたムーアがつくった城で、現在は跡だけ。景色がとても良いです。

 街の中心からバスを利用して、10分くらいでムーアの城跡近くのバス停を降り、そこから徒歩で山頂にあるペーナ宮殿へ向かうのがベスト。山頂にたどり着くまで1時間半は見積もっていたほうがいいと思います。帰りはペーナ宮殿そばのバスから一気に中心部へ戻れます。バスは一日券みたいなのがあるそうなので、おすすめ。また、城跡めぐり中は休憩場所はないと思っていてください(特にトイレは事前に)。

 シントラは、小さい町ながら城だらけ。中心部にも王宮があり、さらに町のはずれにはレガレイラ宮殿という観光スポットもあります。これらも色んな様式を混ぜた建築物になりますが、王宮は外観がイスラム系、内部がルネサンスやマヌエル様式等。レガレイラ宮殿はゴシック色が強めです。個性派の城が一気に観られるので特に建築好きには最高の場所かも。
b0206901_23533212.jpg リスボンからシントラへ行く方法は、電車一本。ポルトガル鉄道のロシオ駅(リスボン中心部にある駅)から、シントラ行の終点で1時間もかかりません。さらに15分に1本くらいは運行しているので気軽に行けるとのこと。乗車賃も3ユーロくらい(公式で出そうとしたけど出せなかった)。終点シントラから王宮のある中心部は徒歩で15分くらい。小さい町だけど有名な観光地なので、散策は難しくありません。半日あればどうにかなります。

 弟はシントラをめぐった後、海岸沿いまで行きました。マサス海岸というスポットへ向かう路面電車に乗りたかったそうで……それが写真3枚目。のんびりした小さい電車です。道中の風景を見るのもいい感じ。(停留所がわからなかったのですが、駅の近くみたいです。レアな路線なので行く際は駅のインフォメーションまでお願いします。)

 片道1時間くらいかかりますが、2ユーロほどで大西洋のビーチまで行きます。夏季の週末のみの運行なので、夏に行く方で余裕のある方は視野に入れてみるのもいいのかな。シントラ・マサス海岸・ロカ岬を一日で全部まわると、弟のようにスーパーハードにな行程になりますが。
b0206901_235337100.jpg 写真4枚目はロカ岬。夕方で天候も悪かったせいか、ちょうど霧にかぶってしまっているのですが……。ロカ岬はユーラシア大陸の最西端。行く価値はあります。

 シントラからロカ岬行のバスが出ていて(403番のカスカイス~シントラ行の途中にロカ岬 Cobo da Roca というバス停があります)、12ユーロくらいでめぐれます。シントラから片道1時間もかからないくらいですが便数が多くありません(一日20本もない)。弟は最終便を使ったといっていたので、事前に時刻表は現地でも見ておいてくださいませ。

 なお、バスの公式サイトページはコチラのhttp://scotturb.com 。サイトはパス仕様説明とか観光地紹介とか比較的親切なつくりなんですが、なぜか英語がない……確証できないので詳しい時刻表やパス等のことはここにUPしません。一応……8時台までの朝便はロカ岬を経由しないようです(9時~最終付近の19時台は停まる)。

 全体的に、シントラ・ロカ岬は、唐突に一人で行っても楽しんでめぐれる感じです。また追加写真が先日弟の家から発掘されたので(笑)、今度別途にシントラ観光写真回をつくります。なので……先に次回から、レンタカーの旅をはじめちゃいます! マニアックなところばかり紹介していくので、引き続きポルトガル紀行をご贔屓に(笑)。
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2016-03-18 00:02 | 海外旅行のお話(弟編) | Comments(0)
ポルトガル旅行記の合間、小説更新のお知らせ~長編ラスト直前!
b0206901_052364.jpg 日本は花粉の季節ですね~私はイタリアに住んで、イタリアにも花粉症があると学びました(笑)。ミモザとか、色々花粉ってすごいですからね……。

 そして、マイペースな当ブログへのご訪問と拍手ありがとうございます。このたびは、長々している長編小説更新のお知らせです!

 現在連載中『 下がり葉の猫 』の【 第27話 】を更新いたしました。右記のリンクからお話が読めます。お気軽にポチッとどうぞ!! ⇒ 【 下がり葉の猫、第27話目 】を読む (PC・携帯電話などから閲覧可能です)。

 今回は短いのですが、連載の最終話ひとつ前までやってきました!全28話です。ご興味がございましたら、ぜひ最後までお付き合いください。これくらい長いと本にしたほうが読みやすいかも(苦笑)。写真はリスボンです。

 ★★商業デビュー小説『ラ・エティカの手紙』(大洋図書/BL)は各書店やアマゾン等で絶賛発売中です。ご興味ある方は是非、下記へどうぞ! ◇大洋図書公式サイト 『ラ・エティカの手紙』特集ページ ⇒ コチラ
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2016-03-08 00:13 | 小説作品更新情報 | Comments(0)