<   2016年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
イタリアとポルトガルの路地と小説Re;更新のお知らせ
b0206901_21282296.jpg 今年の夏後半は雨と台風が多いですね……また、世界各地で地震が起きていて、なんともいえない気持ちにさせられております。

 ローマの友人マリナ宅に住んでいたとき、彼女から「数十年前、ローマにも地震が起きてね、夜遅くだったんだけど震度3くらいでびっくりした」という話を聞いていたり、ラクイラの地震の話を聞いたりしていましたが、……ローマがあるラツィオ州の、しかもリエティ県で起きるとは……。

 リエティもジロ・デ・イタリアの観戦で行ったし、近くの避暑地にも行ったことあるし、なによりマリナの親戚が多く住む地元近くなので、無事かどうか彼女に連絡しました。Whats App(外国版のLINE)は本当に素晴らしいですね。すぐ連絡取れるし写真も送れるんだもん。

 マリナは無事でした。いつものバカンス先(アブルッツォ州のラクイラ県。詳しくはココです)にいたそうで。でも、震源地から近いところだったせいか、揺れたようですごく恐かったと返ってきました。
b0206901_2128242.jpg イタリアで甚大な被害に遭われたところはアマトリーチェという小さな町ですが、アマトリチャーナというパスタ(トマトと豚の塩漬けとペコリーノ・ロマーノ中心のソース)で有名な場所でもあるので……私もアマトリチャーナを食べる機会をつくろうかなとか、募金しようかな、と思っております。

 イタリアの中部から下は地震がそこそこ起きますよね……火山国だし。自然が豊かなぶん、それだけ色々天災にも遭うということなのでしょうか。……被害に遭われたか方々の生活が一日でも早く穏やかなものになりますように、お祈りいたします。

 そして、小説Re;更新のお知らせです。

 小説サイト【 gosuiro.fg (リンクはコチラ) 】へ、短編小説を3作品UPいたしました。タイトルは、『ORMAI』と『12月のエリカ』と『冬のドルチェ』です。ご興味おもちになった方は、リンクからどうぞ!

 『ORMAI』はなんともいえない話なんですが(同性の恋愛?みたいな)、タイトルのORMAIはイタリア語で「すでに、もはや」といった意味で、私の一番好きなイタリア語のひとつです。

b0206901_21314169.jpg 『12月のエリカ』は冬の話ですが……シングルマザー的なお話です。冬のローマのマクドナルドで書いたのをよく覚えています(笑)。けっこう好きなお話です。

 『冬のドルチェ』は、これもまんま冬を先取りしちゃってお届けしていますが(笑)、男子高校生二人のお話です。中学時代に仲がよくても、高校が別になると離れちゃうよね……でも昔からの遊びをするときは当時に戻れるよねみたいな話です。

 写真は、ポルトガルのエルヴァスの路地と、リエティの大通り、マリナのバカンス先のおうち周辺です。次回よりアレンテージョ地方に戻ります。

 ◎◎完結の長編『下がり葉の猫』は【 コチラ 】からお読みいただけます(全28話。1話目は【 コチラ 】からでも! お作法の先生をしている文乃と、一つ屋根の下でともに住む女の子、茅世の緩い物語です)。

 ★★名嘉あいかの商業デビュー小説『ラ・エティカの手紙』(大洋図書/BL)、各書店やアマゾン等にて発売中です。
 ☆☆ 『ラ・エティカの手紙』特集ページは◇コチラ◇です!

[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2016-08-29 22:10 | 小説作品更新情報 | Comments(0)
盛夏真っ只中の小説Re;更新のお知らせ!
b0206901_23262485.jpg 拍手とご閲覧、ありがとうございます! ポルトガル旅行が続きすぎですが、いつものごとく小説Re;更新のお知らせも。

 小説サイト【 gosuiro.fg (リンクはコチラ) 】へ、短編小説を2作品UPいたしました。タイトルは、『ハルシオンデイズ』と『泣かないよ』です。ご興味おもちになった方は、リンクからどうぞ♪

 『ハルシオンデイズ』は男子5人の日常みたいなゆるーいお話です。英語ではhalcyon daysですが「冬至前後の穏やかな日々」という意味をもっています。昔英語の辞書で見つけました(笑)。

 『泣かないよ』は私の実話です。小学生時代のなんか色々諦めちゃってる私が垣間見えます(苦笑)。友達つくる意味ってなんだろう、人って簡単に死ぬんだなあ、結局生きるってなんだろうって本格的に思いはじめたのが10歳くらいだったのかなあ。でも、7歳くらいですでに生死とか出会いと別れについてはよく考えていました。そういうのがとても身近な生活だったのかな。

 写真は、朝の静かなシントラの道。旅行中は特に寂しい景色のほうが心に響きます。ポツンとした感じのほうが、私今をちゃんと生きてるんだな、地球の上に立ってるんだなって思わせてくれるというか。だから一人旅が好きなのかもしれません。

 ◎◎完結の長編『下がり葉の猫』は【 コチラ 】からお読みいただけます(全28話。1話目は【 コチラ 】からでも! お作法の先生をしている文乃と、一つ屋根の下でともに住む女の子、茅世の緩い物語です)。

 ★★名嘉あいかの商業デビュー小説『ラ・エティカの手紙』(大洋図書/BL)、各書店やアマゾン等にて発売中です。
 ☆☆ 『ラ・エティカの手紙』特集ページは◇コチラ◇です!

[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2016-08-20 23:28 | 小説作品更新情報 | Comments(0)
ポルトガルを巡る旅!10-5「シントラ05 マサス海岸・ロカ岬」

首都リスボンから日帰りできる世界遺産の街シントラから、
さらに手軽に寄れる2スポットを紹介。マサス海岸とロカ岬です。
ちなみに、前々回のペーナ宮殿は【コチラ】、前々回のムーアの城跡は【コチラ】、その前の王宮編は【コチラ】、シントラの概要は【コチラ】へ。


b0206901_23235283.jpg
写真1枚目、シントラの駅外観。交通の基点です。

b0206901_23235663.jpg
写真2枚目、駅から列車に乗るところはこんな感じ。

b0206901_2324084.jpg
写真3枚目、構内は装飾も美しいです。

b0206901_2324330.jpg
写真4枚目、次にマサス海岸へ向かうミニトレインの発着場です。

b0206901_2324710.jpg
写真5枚目、夏季限定なのがわかるオープンな感じ。

b0206901_23241179.jpg
写真6枚目、片道1時間くらいの道中、ずーっと町の風景をのんびり見ることができます。

b0206901_23241970.jpg
写真7枚目、路面電車というより、まるでテーマパークの乗り物。

b0206901_23242487.jpg
写真8枚目、マサス海岸に着きましたー!

b0206901_23242834.jpg
写真9枚目、リスボン近郊有数の海水浴場です。

b0206901_23243288.jpg
写真10枚目、天気がよければ綺麗だと思う……。

b0206901_23243673.jpg
写真11枚目、最後に、ロカ岬。シントラからバスで一本! 着いて歩きます。

b0206901_23243938.jpg
写真12枚目、ロカ岬の碑。Cobo da Rocaと彫られています。ちなみに碑の上には十字架がついています。

b0206901_23244326.jpg
写真13枚目、欧州そしてユーラシア大陸の最西端がココ。大西洋を一望です!
長かったシントラの寄り道話でした。お付き合いありがとうございましたー!!

[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2016-08-09 23:29 | 海外旅行のお話(弟編) | Comments(0)