イタリア的、ここがヘンじゃないの日本人。
b0206901_8203173.jpg 学校がはじまって憂鬱な日々を過ごしております…どうも、昔から学校的なモノは好きではないようです。どうがんばっても好きになれないです(苦笑)。でも、イタリア語が上達するとうちのマリナママが喜ぶので、とてとてとがんばります。もはや半分以上愛するマリナのためだよ! このイタリア語の勉強(といったら、マリナは悲しむんだろう…複雑だ…)。

 そういえば、マリナの日本人的南イタリア旅行(0泊2日の夜行列車往復の弾丸旅行)は、すごくよかったそうです。9月のイタリアはすごく過ごしやすい日々が続いているし、夜行列車の個室シート向かい三列が空いたから横になって寝てやったそうだ。車掌に何もいわれなかったからいいのよといっていました。さすがイタリア人…と、いいたいところですが、私もそういったことを日本でもこっそりしたことある人間なのでアハハ。

 そんな感じで、今回は、私の周囲で織り成すイタリアの人々に突っ込まれた、ここがヘンだと思うんだけどニホンジンの! な事項と、私の日本人なりの回答をお送りいたします。

 1.麺を吸って食べる。音が汚らしいのになんで?
 2.旅行中、アホみたいに写真とるのはなんで?
 3.日本人女性の美白信仰はヘン!

 さて、私なりの(独断と偏見の)回答が下記です。

 1.は、熱い麺を食べるせいだと思います。アジアの麺はとりわけ、のびたらマズイんです。スープが熱い間に食べるのがおいしいんです。つまり、熱い間に食べざるをえない。だからズズッといくんだと思っております。一方パスタは基本そこまで熱くないし、熱いうちに食べたほうがいいパスタ料理もありますが(粉チーズと黒胡椒だけの味付けである、カーチョ・エ・ペペとか)、それでもアジア組からすれば、熱い一品ではありません。
 第一、パスタは基本のびない。そして、欧州の人々はアジア組に比べ、少し猫舌のような気がしてなりません(特にイタリア人は猫舌揃いな気がします)。むしろ、熱い間に無理して食べるなんて胃腸を悪くさせる原因よ! と、マリナは突っ込んでくれます。だから日本は胃がん率が高いんですね。しかしこれは食文化だから仕方がない。
 ちなみに、マリナたちに日本のそうめん汁をつくったことがあるんですが、彼女らは食べやすい温度になるまで待っていました。つまり、完全にのびた状態のそうめんを食べていたということです。この瞬間に、私は日本の麺類を彼女たちに提供するのは諦めようと思ったのです(苦笑)。

2.は、欧州のように、バカンスは10日以上があたりまえ、という文化ではないところにあります。日本人の旅行日数は短いし、その上日程を濃密にするのが大好きなようです。バカンスはのんびりするよりも、観て食べて遊ぶほうが好き! そのため、同じところに長く滞在しない…風のように観光して風のように日常生活に戻るのだと思います。だから、写真とらないと忘れるよね!(笑)。写真とって、後日皆でこんなんだったのよーと語り合う楽しさも兼ねて、たくさん写真とるのかなと思います。ちなみに韓国の方も同じノリなんだそうです(学校の韓国組ガールズに訊きました)。
 ちなみに、私の父親は完全に欧州型の物の考え方なので…休暇はリゾートでのんびりが好き。前に、二週間ニューカレドニアに単身旅行して、日長のんびり釣りをしてたら現地人に間違えられ、外国の方に散々道を聞かれまくったそうです。なんという欧州型バカンス。溶け込みすぎです(そして血を受け継いでしまった娘が私です)。

3.これは私もヘンだと思います(笑)。私は沖縄に里があることもあって、美白なんて気にしていたら祖母や親戚のいる沖縄に行けんし長期滞在できんわい。あと、私は色白いの似合わないので…なんで日本人って美白信仰になったんでしょうね? 逆に、イタリアは対極にあたる「日焼けした人は勝ち組」信仰なんですが…それもどうなのかなと思います。けっこう日焼けサロンあるんですよねローマ…。自然に焼きたいときは焼いて、肌が荒れると思ったら紫外線をガードする日焼け止め塗って、という感じでよろしいんじゃないでしょうか。日焼けしすぎると皮膚がんの原因にもなりますよ。


 あと…0911関係でなんとなく欧州はざわざわさせていたんですが、イタリアと日本がわかりあえる点のひとつに、「アメリカ軍常駐が全力で続いて困っている」ところがあると思いました。私も親戚の多くが沖縄に住んでいて、嘉手納付近は親戚いるし、辺野古移転問題とか実は洒落にならない話題だし、むしろ私名護の病院で生まれた人です(苦笑)。
 困ったもんだよね、アメリカのアレなんとかできないかなー、ドイツはアメリカの兵隊さんたち追い出せたみたいなんだよ、さすがだよねドイツーみたいな。某イタちゃんのような口調になりましたけど(※書いている人はヲタク属性です)…そんな話を、学校でも話題になったし、マリナともこの間話していました。


(写真は…一時帰国の際に、マリナから「手紙のはいったビンを、沖縄の海に投げてきて! 」と、ロマンチックな申し出をされたので、伯父に投げてもらいました。羽地内海の先は、屈指の透明度でございます。)
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
# by gosuiro | 2010-09-15 08:23 | イタリア的雑記 | Comments(0)
小説の更新情報(09.11GOSUiRO)
b0206901_363529.jpg ローマも日が暮れる時間が早くなってまいりました。サマータイムのおかげで夏は9時すぎても明るく、それはもう慣れないものでしたが、逆に夜の始まりがまた早くなってくるとなんとなく寂しい気持ちになります。夏が終わるのね…でも晩夏はものすごく好きな時期です。

 さて、このブログはメインサイトと連動しているのですが(右メニューのリンク参照)、サイトとブログをつくった最大の理由は、創作にあります。というわけで、更新情報もちまちまとしていきます。

 9月11日名義で、短編をひとつUPしました。タイトルは「リラ」です。少し不思議な話で一人称でしょうか…。
 こちらから、読むことができます→ 「リラ」を読む ケータイで読む場合はこちらをクリックです。

 他に9月分としてUPしたのは、「ブルフレスコ」(タイトルクリックで閲覧できます)。この話は夏と空題材に三人称形式の短編です。ケータイ閲覧は上記のリンクと同じです。
 
 9月分は一作UP予定。そして、エッセイに近い留学コラムもUPします。がんばってイタリアから毎週UPする気です。しかし、ネットとPCの状態がよくないところが不安な点…。小説UPははじめHTML形式にしていたのですが、どうもFFTPとPCが仲悪くすぐかたまってしまうので、暫定的にブログ型へ変更しました。なんだかブログだらけになってしまいました(苦笑)。

 小説などの感想は、メインサイトでも当ブログでも大歓迎です。よろしくお願いいたします。
 また、サイトとブログで拍手を送ってくださった皆様には、深くお礼申し上げます。ありがとうございます!


(写真は、ローマ中心部にあるアルテンプス博物館…という名の博物館の中ですたぶん。すごく好きな博物館のひとつです。)
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
# by gosuiro | 2010-09-13 03:08 | 小説作品更新情報 | Comments(0)