A ROMAパート2と小説更新のお知らせ
b0206901_11470570.jpg 反響ありがとうございます。実録ローマ留学総ざらいがはじまりましたが、すごく主観なところはご了承ください……外国に住む場合、行ってからでないとわからないことがたくさんあり、国によって慣習も違うのですから。うまくいくことは日本にいるときの半分くらいだ、と気楽にやっていったほうがいいかも。

 さて、このたびは恒例のお知らせです。小説サイト【 gosuiro.fg (リンクはコチラ)】へ、短編小説を2本UPいたしました。タイトルは『揺り籠はひとつ』と『焼きたて問答』です。ご興味おもちになった方は、リンクからどうぞ!

 『揺り籠はひとつ』は男女の友情のような恋愛のようなお話。読む人によって違うのかも。『焼きたて問答』は女子たちのプチあやかし系。タイトルは当時、菊池寛の貞操問答を読んでいたので(笑)。

 地中海沿岸や島あたりで天候不順?洪水なんかあったようで大丈夫ですかね……マリナに連絡してみようかな。

★★名嘉あいかのデビュー小説『ラ・エティカの手紙』(大洋図書)、各書店やアマゾン等にて発売。重ねて、韓国版(나카 아이카)も配信中☆☆『ラ・エティカの手紙』特集ページは◇コチラ◇へ!

[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
# by gosuiro | 2018-10-12 11:44 | 小説作品更新情報 | Comments(0)
今更なイタリア留学話、第1回目★そもそもなぜイタリアに行くことにしたの?
b0206901_00253912.jpg 2010年から続けている当ブログですが、留学する経緯等一切話したことがなかったと気づき……このたびから何回かにわけて私の実録(準備・費用等も含めて)をもそもそとUPしていきます。留学や欧州生活に興味がある方は参考になるかもしれないので、皆様お暇なときにぜひぜひ読んでみてくださいー。

 というわけで、第1回目は【イタリアに住んだ動機】&【日本での初動(~住む1年前まで)】&【事前に絶対しておくといいこと】についてお話していきます。

 ①【私がイタリアに住んだ動機】実は元々イタリアにあまり興味なく……本当にイタリア好きの皆様ごめんなさい(苦笑)。トマト大嫌いで仏哲学好き、初海外旅行も中欧周遊だし日本のカルチャー愛しているし……で、実際日本人留学生の中でも完全に浮いていました。「なんでイタリアまでわざわざ留学してるの?」っていう(イタリア人の大学生さんたちにも「日本のアニメ・音楽に詳しいオタクじゃん。なんでイタリアにいるの?」と言われた・笑)。
b0206901_00260797.jpg そんな私がイタリアを選んだ理由。学術的にはフランス留学が理想でしたが、語学アレルギーがあり(発音記号という概念がしんどい)……でも、イタリア語は発音が日本と似ているから克服しやすいはず!と安易に思ったこと。また、形而上学を学んだことで真の欧州文化を体感したくなったこと(私が学んだ哲学者は割とイタリア旅行でコペルニクス的転回をしていたので土地への興味もあった)。私の親戚はキリスト教徒が多く慣れ親しんでいた宗教の本場に住んでみたい、あとは海外に住む苦労や欧州から見た日本の印象を知りたかった。そして、自分の持っているポテンシャルと運の良さに賭けてみたかった等です。

 恰好よく理由を集めてましたが、……一番は単なる直感です。そうだ、ローマに住もう! みたいな(笑)。海外に住むならば、ローマ以外は考えられなかった。これは学生時代の旅行が起因しています。
b0206901_00262614.jpg 海外旅行初心者だった頃、母と南北イタリア縦断バス旅行をし、多くの有名スポットを巡っていた中で出合ったのが『ローマ』。他の街と最初から何かが違いました。ローマに降り立った瞬間、生のパッションがドッと我が身に溢れてきたというか……強烈な直感が働いたんです。「あれ? 私この街に住んでる」というやばめのやつが(苦笑)。

 翌年再度ローマを旅行してあの感覚を確かめたのですが、やはりローマに住んでいる感覚があるんですよ。でも、どんな縁で住むんだ?と思いつつ、直感が働いたなら将来金銭の工面もできて住むきっかけもあらわれるんだろう、と楽観的に構えて時が流れ……本当にローマに住んでいた(笑)。今は「私の人生では一度必ずローマに住む必要があったんだ。直感を気のせいで片づけなくてよかった」と思っています。というわけで、留学理由はひとそれぞれでいいんです。私みたいなテキトーな直感でも!(笑)
b0206901_00264703.jpg ②【日本での初動(~住む1年前まで)】留学の流れになってきたのは、実際に住む1年半くらい前です。その頃からオープンキャンパスでイタリア語入門を半年程度、NHKイタリア語学習(TVとテキスト)でさらっと勉強しました。おかげさまで現地に行ってからめっちゃくちゃ苦労しました!!(笑)。イタリア留学する方々はイタリア愛半端なく、日本でいっぱい勉強された方が多いのだな、と……そして私がいかに無鉄砲な人間なのか知りました(そもそも住んだ理由が謎の直感だし・笑)。ただ、文法だけは先に勉強しておいてよかったです。文法や変化さえわかれば、あとは単語を死ぬ気で覚えればなんとかなる!イタリア語は発音難しくないから!(ローマでは人生で一番勉強しました。初期、日本語で書かれた文法書等はかなり使えました)。

 渡伊まで1年を切る頃には、ローマの語学学校をWEBリサーチ。たまたま日伊学院で現地語学学校のスタッフが来るフェアが開催されると知り、赴いて話をしたり割引クーポンをもらったりしました。私はローマ一択だったため、そんなに悩まず一人でさくっと決めました。

b0206901_00271509.jpg 語学学校に関しては、ご自身の考える留学スタイルや言語能力にあわせて良し悪しがかわるため、オススメの学校は割愛(イタリア語が元々できる人は自由度の高い語学学校や外国人大学がいいと思いますし)。私はイタリア超初心者だったので、ステイ先も用意有の語学学校を選びました(部屋は途中解約可能。学校側が用意してくれても、現地に慣れたら自分でステイ先を探して移動するのをオススメします)。

 ③【事前に絶対しておくといいこと】胸を張って「達成できた!」といえるような明確な目標を一つ、絶対にもったほうがいいです。海外生活は楽しいですが、決してそれだけではありません。日本に住んでいるときには考えられないようなことで、よく心が折られます。そんなときに「目標」が心を立て直し支えてくれます。精神論になっちゃいましたが、服も生活品もなんだかんだイタリアで調達できますからね……事前準備は精神的な部分が大事かも。簡単な目標は、検定試験パスするとか。それこそイタリア人男性と結婚して永住権取得!でもいいと思います(笑)。

 次回は、【事前準備(~留学前夜)】&【実際の生活はじめ(費用含む)】。他に気になることがあれば質問受付けます!(内容によっては現地人の友人マリナに訊くことも)。
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
# by gosuiro | 2018-10-01 00:36 | ROMA留学エッセイ | Comments(0)