ここ最近のイタリア(ローマ)にて
b0206901_5244163.jpg イタリア150周年イベント(当日3月17日は臨時祝日となった)やカーニバルのときだけ雨振りで、それ以外は過ごしやすい気候のローマ。花粉が飛んでいて、花粉症持ちはあいかわらず辛いローマです。

 最近のローマ(イタリア)といえば、日本の震災と原発情報におびえ、それ以上に連合のリビア軍事介入におののいている、という重いニュースで持ちきりとなっています。元々、ひどい事件(殺人事件等)が起こると、一ヶ月延々とそのニュースで討論番組が組まれ、延々とコメンテーターが言い合いをしているのがイタリアのテレビ番組ではありますが……。討論番組は生放送なのに誰も自重しないからすごい。

 日本の原発問題も、イタリアではものすごく関心高く取り上げられ、日本の震災話はかなりの人が知っています。マリナは日本人である私の話を方々にしているらしく、イタリア全土にいる彼女の友人から「あなたのところに住む日本人の子は大丈夫なの!?」という電話がきたという話もあり(苦笑)、周りのイタリア人の皆さんにはにかなり心配され、激励プレゼントや労りの言葉をいただいております。彼女たちの気持ちは受け取って大切にしております。

b0206901_5261686.jpg 一方でニュースのほうは、津波の映像に悲しい音楽を乗せたり、ソースなしでけっこうテキトーなことを言っているので(後でネットから日本の情報でそういうことはないと確認する)、さすがの私もイラッときてしまい「不用意な日本の震災ネタ禁止令、特にテレビのニュースは禁止! 」を、マリナに訴えました。マリナは律儀に遂行していますが……時おり私より情報が早いときもあるので、日本の件は相当気にしているようです。

 マリナは「私たちはなんでか日本のこと国や文化としてとても魅力的に感じていて、憧れてるし好きなのよ」と言っていました。日本のことが好きなイタリア人もよく出会います(日本オタクとかではないレベルでも! )。

 ……さて、日本の報道機関もひどいようですが(NHKのネット中継しか見ていないので詳しく知りませんが)、イタリアの震災報道の仕方も過剰です。情報統制も日本以上にあるらしいし(国営放送のひとつRAI1はベルルスコーニさんが掌握しているので)、ラジオでは「東京から人が逃げている」と言っていたり……不安助長させてどうするんでしょうね。しかも、事実と異なることを平気で言う(誇張させる)のと、津波の映像に変な音楽乗せないでほしいわ。

b0206901_542428.jpg  とはいえ、日本の行方を全世界が注目しているということは事実です。これほど日本のことがリアルタイムで流れてくることははじめてです。日本の震災報道枠ができたのかと思うくらいです。全世界が注目しているということで、ある意味さらに大変なのかもしれませんが……日本人の気質に対して、各国評価がとても高いのは確かです。その点は誇るべき良い部分だと思っております(調子に乗ってはいけないと思いますが)。

 また、欧州ではリビア軍事介入がはじまり、イタリアでは戦争という言葉を使っていました。海を挟んで隣がリビアというイタリアは、この介入がなされると最も危険に近い欧州国になります(もうひとつはギリシャでしょうか)。シチリア島は本当にリビアから近くて、難民も流れているようだし、監視船も増やしている様子。イタリア・日本(その他、リビア等も)ともに平穏が早く訪れることを願っています。

 どちらにしても、この世界で一番恐ろしいのは人間が起こす人災だ、と、私は思っています(自然災害は地球で生活する以上避けて通れませんので……)。

b0206901_5453651.jpg 自然災害は有利性や利権などと関係なく、ただ在るがままはじまり終わりますが……人が起こす戦争や災害の場合には、どこかで誰かの思惑があるものだし、それ故に事態が悪い方向に進んだり長期化したりするものだと思っていますから。その分、人が蒔いた種は人が回収しないといけないとも思います。

 ここまで、イタリアと日本の重い話をしましたが、……あわせた写真はサンマリーノ共和国という別の国(笑)。イタリア内にある小国で、独立も古く由緒ある共和国です。雪解け前に旅行したので、景色は本当に美しかったです! 暑くなる頃の涼みに旅行記をUPする予定です。

 さらに、こればかりでは寂しいので、この間マリナと買い物に行っている道中に聞いた、南イタリアらしい話でも……。

 昔マリナの友人が住むアパルタメントの二階で、犬を飼っている家庭がいたそうです。彼女はエントランスに入ろうとする際によく、上から水がかかっていたという。水が落ちてくる先がその家庭の住む二階のベランダだったことで、友人はご家庭の奥さんに話をしにいったそうです。

b0206901_5534017.jpg  「あなたの家のベランダ下を通るときに、よく水がかかるのよ。じょうろ使うなら気をつけてほしいんだけど」

 そうお願いした彼女に、奥さんはこう言いました。

 「あら、じょうろなんて使ったことないわよ。犬がベランダからおしっこしているのよ。水じゃなくておしっこだから大丈夫よ。気にしないで」

 ……これを聞いた、私がびっくり(笑)。それ水よりタチ悪いじゃないの! と、マリナに言ったところ「そうよ。それで友人が激怒して、そこの奥さんと言い合いになったのよ」と言っていました。そりゃそうだろ(笑)。

 こういう話が、ゴロゴロ転がっているのがイタリア(というか、主にローマ)なのでございます。ローマのこういうギャグみたいなところが好きなんですけどね。当事者は超いい迷惑ですけど……っていうか冷静に考えたら、単にモラルが低(ry
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2011-03-24 06:09 | イタリア的雑記 | Comments(0)


<< 欧州サマータイムはじまり!+小説更新 【06ROMA留学エッセイ20... >>