ハッピーアワーは、最高のサービス。
b0206901_23917100.jpg すっかり寒くなり、欧州はそろそろサマータイムが終わる時期になりました。人間の体内時計的には良いのか悪いのかよくわからない制度ですが(ちなみに私とマリナは好きではありません)……今頃は「明るい季節」が終わる前にやっておきたいことが増える時期でもあります。

 そのひとつがオープンカフェでのお酒飲み(※私はかなりのお酒好きです)。イタリアでは冬でも関係なくオープンカフェが出ていますが、冬は日差しがないと寒くて辛い(外専用の暖房があればいいですが。日本も最近あるみたいですね。快適で好きです。ちなみに、イタリアでオープンカフェが多いのは法律上、イタリアの飲食店内で煙草が禁止されているから、ということもあります)。

 そして思うことは、欧州系の人種は日本人に比べて寒さに強いということ(マリナたちおばさま軍団と一緒にいて実感。逆に蒸し暑さに超弱い)。私はイタリアの人々の真似をする体力がない。たぶん意地張ってやっても風邪引きます。辛いんですよ欧州で風邪引くと! (二度も高熱出して寝込んだ経験有)
b0206901_239531.jpg よって、太陽が出ている間にオープンカフェを楽しみたくなるのです。日光浴も兼ねて。というわけで、今回はハッピーアワー(お酒の格安サービス)のおはなし。

 イタリアでは「アペリティーボ(食前酒)」もしくは「ハッピーアワー」という習慣があります。アペリティーボは(日本的に言えば)食事前の軽い一杯を意味します。店によっては、お酒に軽いおつまみ(ナッツなど)がつきます。一方、近年できたハッピーアワーは、お酒一杯にかならず食べ物がついてきます。

 ハッピーアワーがはじまる時間帯は、大抵17時や18時から、遅くても21時まで。料金も5ユーロから10ユーロ程度(お酒一杯+おつまみ)。形態も店によって異なります。一枚目写真にあるのは、トラステヴェレにあるバールとパブの間のようなところ。

 私の知るかぎり、夕刻以降のローマ中心部で値段のわりに食事量が多い一番お得な店です。食べ物はバイキング形式でおかわり自由。写真二枚目はそのハッピーアワーを楽しんでいるときのもの(テーブル席が取れなかったのでテキトーに座っていました)。バイキング内容は、野菜のグリルやクスクス、リゾットやパスタなど。
b0206901_2391215.jpg
 イタリア的には夕食前の軽食ですが、日本人からすれば立派な食事です。というわけで、私がハッピーアワーを利用するときは、完全に夕食として向かいます。8ユーロでお酒がついて食事も摂れるなんて、本当に素敵な制度。店側はわりにあっているのかと疑問に思います(でも、ハッピーアワーで夕食を兼ねることはあまりしないんですよね、イタリアの皆さん)。

 写真にある店は、Piazza Trilussa にあった記憶があります。現地の人が多く英語は通じないかも。店名も掲げられてないので知りません……。トラステヴェレ自体、安くお酒が楽しめる店は多く、若者が集まりやすいところです。観光としてもローマの下町として名高いですが、夜は遊べるスポットになるので、遊び場にはもってこい。ただし、リストランテは高いので要注意。ピッツア食べるならちょうど良いかも。

 しかしながら、ハッピーアワーはどちらかというとバイキング方式より、お酒とおつまみが同時に提供されるタイプが主流です。たとえば、三枚目写真の雰囲気です。
b0206901_2391839.jpg ちなみに、普通はここまで食べ物の量は多くありません。一般的には、お酒一杯にポテトチップスやナツツがつく程度。ここは私が知っているなかで、最も金額と内容が一致していないバールです。写真の量で、6ユーロ! 完全に採算度外視しています(笑)。量多すぎ! 夕食には向かないものばかりですけどね(それがハッピーアワーなんですが)。

 イタリアの夕刻は、ハッピーアワーめぐりが楽しいです。一番行きやすい感じだと……ティラミスで世界的に有名なポンピ POMPI は、18時~21時あたりバイキング形式のハッピーアワーをしていたはずです。ティラミス食べるついでに楽しむというのもおすすめ(ポンピについては、コチラの記事参照)。

 採算度外視のおつまみといえば、友人が帰国するまでよく遊びに行っていたバー(一人で行く勇気はない。ナンパがすごい)は、10ユーロでラスト写真の量がでました。生ハム数種、サラミ、チーズ数種にスナック類、オリーヴ、ナスのオイル漬けなど……日本でいただいたら2000円は絶対かかる量だと感嘆しながら、ワインボトル一本入れて、夕食代わりによく頼んだものです(苦笑)。
[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2011-10-20 02:46 | イタリア的雑記 | Comments(0)


<< 小説更新のお知らせ(+今後の予... 秋のローマネタと、小説更新のお知らせ >>