コーズウェイコーストなど、北アイルランドへ5-1★西と北のアイルランド紀行Ⅴ
b0206901_16365942.jpg アイルランド西&北の旅の最中ですが、今回は英国に属する北アイルランド観光です!前回、グレンヴェー国立公園とお城(と宿)は【コチラ】へ。その前の、コネマラ国立公園やアシュフォード城については【コチラ】。モハーの断崖とバレン国立公園は【コチラ】、古代ケルト文化が残るアラン諸島は【コチラ】へどうぞ!

 というわけで、アイルランド島にありながら、歴史的に最近まで色々あってアイルランド国ではない「北アイルランド」となった場所にあるのが、写真1枚目の世界遺産。ジャイアンツ・コーズウェイです。

 無数の六角形の柱が海岸線にそびえる不思議な景観ですが、これはすべて自然の産物。地殻変動とマグマのもつ性質がつくり上げたもので、ジャイアンツ・コーズウェイが世界で最も規模の大きなスポットなのです。

 海岸線はいくつも散策コースがありますが、所要時間はさくさく歩いて二時間くらい。天気が良ければどの断崖よりものどかに散策ができる感じです(冬は寒くて大変ですが)。ビジターセンターの先にバスや電車があるので、交通機関も難易度高くなく使えます。
b0206901_16370833.jpg この一帯はコーズウェイコーストと呼ばれ、他にも見所があります。写真2枚目は、キャリック・ア・リードつり橋。ジャイアンツ・コーズウェイと同じ海岸線にありますが、徒歩で四時間近くかかるため(笑)、バスかレンタカー利用がおすすめ。島を繋ぐ橋ですが、けっこう細くて揺れます。とはいえ、すごく綺麗な景色が見られますし、眼下の海の透明度は素晴らしいです。

 同じく海岸線には、写真3枚目のダンルース城。断崖の古城で、キャリック・ア・リードつり橋とはジャイアンツ・コーズウェイを挟んだ反対側の断崖に在します。ジャイアンツ・コーズウェイからは徒歩で二時間くらいなので、相当体力に自信がある方はどうぞ(バスも有)。ダンルース城は難攻不落の要塞ともいわれて、つくりも独特です。
b0206901_16371647.jpg ちなみに、ジャイアンツ・コーズウェイとダンルース城の間にはウィスキーで有名なブッシュミルズ蒸溜所があります。レンタカーでのデメリットはお酒が飲めないことですので(行った弟は当然飲めず)、公共の交通機関を利用される場合は是非蒸溜所見学も!アイルランドも北アイルランドも、ウィスキーの宝庫です。本物のウィスキーとギネスってすんごい美味しいですから(私もアイルランドに行ったことがあるのでわかります)。

 そして最後に。マニアックどころでは、写真4枚目のダーク・ヘッジです。魔女がいるとか幽霊が出るとか言われているねブナの並木道。絵本の中の世界のようで、最近すごく人気のスポットとなっており、弟もわざわざここに行ってみたかったんだとか(笑)。

 巨大なブナ林ですが、この場所は基本的にレンタカーでしか行けないそうです。正しい道の名前は、ブレガーロードと言い、ジャイアンツ・コーズウェイから車で20分ほど。(日帰りツアーに最近組み込まれているところもあるらしいです。)

b0206901_16372488.jpg 今回紹介した全四ヶ所は車だと日帰り観光楽勝です。公共交通機関も比較的楽ですが、ダブリンから五時間くらいかかるので一泊は必要。また、北アイルランドは基本的にユーロではなくポンドなので、長居するときは両替必須。ただ、パスポートコントロールなどはありません。

 ちなみ、北アイルランドの中心都市はベルファスト。調べたところ、ダブリンからはバスや電車で二時間半程度。ベルファストからジャイアンツ・コーズウェイまでバスや電車で約三時間です。やっぱりレンタカーがおすすめです!(またベルファストからスコットランドへ向かうフェリーもあるので、そのままスコットランドの旅へ移行するのもアリかも!)

☆アイルランド鉄道(Iarnród Éireann)公式サイト
 http://www.irishrail.ie/

☆アイルランドの長中距離バス全般を扱う(Bus Éireann)公式サイト
 http://www.buseireann.ie/
 http://www.irishrail.ie/




ほっとフォトコンテスト





[PR]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
by gosuiro | 2018-03-06 16:44 | 海外旅行のお話(弟編) | Comments(0)


<< ジャイアンツ・コーズウェイと小... アイルランド的書斎写真と小説更... >>