フランスの美しい村へ①ブルニケル②ピュイセルシ★仏南西部オクシタニー地方を巡る旅02

南仏オクシタニー地方の旅行1日目の最初は、『フランスの最も美しい村 Les plus beaux villages de France』の認定を受けたブルニケル(Bruniquel)とピュイセルシ(Puycelsi)を写真メインでお届けいたします。
なお、当旅の概要と専用ロードマップは【コチラ】へどうぞ!一読されるとわかりやすいはず。

b0206901_01044245.jpg
写真1枚目、①ブルニケル、川にほど近い岩山の上にある小さな村です。

b0206901_01045396.jpg
写真2枚目、静かで美しい路地。
b0206901_01050221.jpg
写真3枚目、名の知れた映画撮影地としても密かに有名です。
b0206901_01051252.jpg
写真4枚目、歴史は古く中世の城もあります。
b0206901_01052152.jpg
写真5枚目、木造天井も遺されています。
b0206901_01053038.jpg
写真6枚目、内部は展示もけっこうあって綺麗。
b0206901_01053851.jpg
写真7枚目、中世にタイムスリップしたような回廊。景色が一望できます。
b0206901_01054775.jpg
写真8枚目……という感じでブルニケルでした!
b0206901_01055616.jpg
写真9枚目、次は②ピュイセルシへ!ここも川近くの高台に在します。
b0206901_01060693.jpg
写真10枚目、中世からすでに存在している由緒ある村。
b0206901_01061452.jpg
写真11枚目、美しいサン・コルネイユ教会。
b0206901_23462004.jpg
写真12枚目、建物のコントラストが良かったと弟はお気に入り。
b0206901_01063155.jpg
写真13枚目、城壁跡からの景色はのどか。
b0206901_01064029.jpg
写真14枚目、昼食のカモの丸焼きが最高に美味しかったとのこと。
b0206901_01064888.jpg
写真15枚目、弟イチオシのピュイセルシでした!

次回も認定村、概要でも登場していたナジャックとカルテルノ・ド・モンミラル編です。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
# by gosuiro | 2019-03-10 10:10 | NEW→⑨フランス&モナコ旅行記 | Comments(0)
小説更新のお知らせ+映画話
b0206901_23360502.jpg イタリア等の海外生活&旅行話の反響ありがとうございます! このたびは恒例小説更新のお知らせです! 【 GOSUIRO小説置き場。(リンクはコチラへ) 】で、連載小説をはじめました。

 小説のタイトルは『真秋回廊』、第2話目です。ご興味おもちになった方は、リンクからどうぞ!

 長めのお話で女子大学生さんが主人公な不思議系のやつです。自身の入院生活などを下地にしております。

 最近の私は……東京千葉埼玉に深い縁をもつ身として映画『翔んで埼玉』を観てまいりました!!!!あれ小業の効いた部分で元・現どこの県民かめちゃくちゃ炙りだされます(笑)。私が一番好きな台詞は「所沢へ?」と、そして大宮浦和の仲の悪さと九十九里の地引網漁です……あのあたり知り尽くしていて都内映画館で笑いを堪えるのに必死でした(あと主人公二人が沖縄出身にも笑った)。(写真はPuycelsiです近々登場)

★★名嘉あいかの小説刊行『ラ・エティカの手紙』(大洋図書・文庫)、重ねて韓国版(나카 아이카)も配信されました★『ラ・エティカの手紙』特集ページは◇コチラ◇へ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
# by gosuiro | 2019-02-27 23:43 | 小説作品更新情報 | Comments(0)
フランス南西部の最も美しい村&山城巡り&世界遺産を巡る旅、概要と地図01
b0206901_15290137.jpg フランスの南西部、スペインの国境に面するオクシタニー地方(ミディ=ピレネー地域圏+ラングドック=ルシオン地域圏)の美しい村や城、世界遺産を巡る旅をこれから一気にお届けいたします。

 まずは概要とルート案内、専用地図(=専用ロードマップ)について。当旅行の特徴としては、『フランスの最も美しい村 Les plus beaux villages de France』の認定を受けた村を弟が短期間でスタンプラリーのように巡り、世界遺産も愛でつつ歴史的価値の高い中世異端の山城跡を一思いに制覇するという怒涛の内容となっております(弟の旅はいつも分刻み過酷スケジュールです時々昼食すら抜く)。

 『フランスの最も美しい村 Les plus beaux villages de France』というのは、フランスの協会が選定した評価の高い村々のことです。歴史的価値や景観のクオリティを厳格に審査し、毎々認定されています。ミュシュランガイドの村バージョンみたいなものです。美しい村認定されるとシンボルマークがつき、専用ロードマップに載ります。
b0206901_15285270.jpg◆『フランスの最も美しい村 Les plus beaux villages de France』公式サイト→ http://www.france-beautiful-villages.org/en

 観光信頼度も高く、現在フランス全土で150村以上認定されています(認定後も審査があり剥奪される場合も)。なかでもオクシタニー地方は群を抜いて認定村が多く個性豊かです。

 オクシタニー地方の中心都市はトゥールーズ。レンガ色の建物がひしめき、バラ色の都市といわれる街には空港があり、国外から訪れる際は旅の起点・終点となります。旅をした弟もトゥールーズ空港を利用、レンタカーを借りて専用地図を頼りに巡りました(ちなみにトゥールーズは興味なくスルー、写真すらないひどい)。

 当地方で認定されている村は美しい景観を保持しているだけあって、ほとんどひっそりしたところに在しており、公共交通機関で行くのは大変困難です。が、実は容易く電車で行ける『フランスの最も美しい村』が二か所あります。
b0206901_15294506.jpg ナジャックとカプドナックという認定村です。この二つの村はフランス国鉄で路線が同じです。うまく行けばトゥールーズ→ナジャック→カプドナック→トゥールーズという一日観光ができるはず(ルートは逆もしかり。ただし一日数本しかないので時刻表は要確認)。

 また、世界遺産カルカッソンヌもふくめて下記、ルートや鉄道サイトのリンクを載せておきます(一番下の旅行程と地図画像も参照するとわかりやすいです)。

♪ナジャック Najacへの行き方
 トゥールーズ駅(Toulouse Matabiau Train Staion)からFigeac方面の電車で鈍行一本、Gare de Najac駅下車。片道の乗車時間は約一時間半、10ユーロくらい。駅から川を渡り林の小道を延々30分くらい歩くと認定村に着きます。往路はトータルで二時間程度。
b0206901_15291000.jpg♪カプドナック Capdenacへの行き方
 トゥールーズ駅(Toulouse Matabiau Train Staion)からFigeac方面の電車でNajacよりさらに先へ、Capdenac駅まで鈍行一本で行けます。片道の乗車時間は約三時間、14ユーロくらい。ただし駅は川近くの平地にあり、認定村は崖のような高台に在します。駅から認定村が見えますのでナジャックよりも安心感あるかも。ただ、駅から坂道約2.5キロ徒歩です。往路だけで所要時間は四時間程。

♪カルカッソンヌ Carcassonneへの行き方
 トゥールーズ駅(Toulouse Matabiau Train Staion)から一時間に一本くらいあり、片道の乗車時間も一時間弱、平均20ユーロくらい。TGVも通っている(しかも一駅で着く)ので日帰り観光しやすい世界遺産都市。

◆「フランス国鉄(SNCF)」関連の公式サイト→ https://en.oui.sncf/en
  アプリもありバス検索も可能。旅行時はアプリを入れておくと楽だと思う。
b0206901_15292591.jpg◆バス等の時刻・料金検索(主要国のルート検索だけならわかりやすかったので参考まで。各国の言語が利用可だが日本語なし。購入は割高かも。)
 ①「busradar.com」→ https://www.busradar.com
 ②「The TrainLine」→ https://www.trainline.eu/

 そして、画像5枚目が専用ロードマップです(大きな地図のリンクは「コチラヘ」)。左下の赤い長方形のものがマップ表紙。そのなかに描かれているマークが認定された村につくシンボルマークです。認定村などで購入可能。

 フランス全土が載っているマップの一部を加工しましたが、これが私の限界でした(苦笑)。見にくくてスイマセン。長距離移動が基本だったということがなんとなくわかるかと思います。訪れた村などの表記が読みにくいため、改めて下記に……村などは仏表記+日本語読み。不格好な加工地図とともにどうぞ。

 ↓↓旅の全行程です↓↓

 ※『★』は「フランスの最も美しい村」の認定がされている村。
 ※『◇』は宿泊地。
 ※『[]』のカッコつきは、村・街は一瞬立ち寄った&宿泊のみ。
 ※『♪』は今回紹介した容易く電車で行ける村・世界遺産です。

◎1st day(一日目。ミディ=ピレネー地域圏)
 トゥールーズ空港(途中村泊)→★Bruniquel ブルニケル→[Larroque ラロック]→★Puycelsi ピュイセルシ→★♪Najac ナジャック→[★Monesties モネスティエ]→★Castelnau-de-Montmiral カルテルノ・ド・モンミラル→◇Cordes-sur-Ciel コルド・シュル・シエル。


b0206901_15450868.jpg◎2nd day(二日目。ミディ=ピレネー地域圏)
 ★Belcastel ベルカステル→★Conques コンク→[★♪Capdenac カプドナック]→★◇Saint-Cirq-Lapopie サン・シルウ・ラポピー。

◎3rd day(三日目。ミディ=ピレネー地域圏)
 ★Loubressac ルブルサック→★Autoire オートワール→Rocamadour ロカマドゥール(世界遺産)→[◇Cucugnan クキュニャン(当宿泊地からラングドック=ルシオン地域圏)]。

◎4th day(四日目の最終日。ラングドック=ルシオン地域圏)
 Chateau de Peyrepertuse ペルペルテューズ城→Chateau de Queribus ケルビュス城→Chateau d'Aguilar アギラール城→♪Carcassonne カルカッソンヌ(世界遺産)→[◇トゥールーズ]。

 これから、全スポットを大量の写真とともに一気にお送りいたします。ゲームや小説の世界のような景色ばかりなので……ゆったりお付き合いいただければ幸いです。(ちなみに写真1~4、6枚目はナジャックです。)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログへ   ☆★☆ブログランキング・WEB拍手に参加中です。ポチッとご協力お願い申し上げます☆★☆
# by gosuiro | 2019-02-17 00:05 | NEW→⑨フランス&モナコ旅行記 | Comments(0)